軽罪裁判所のバック
ホーム > 作品情報 > 映画「軽罪裁判所のバック」
メニュー

軽罪裁判所のバック

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アンリ・ヴュルシュレジェの監督したバック主演映画で、バックがかつて作った数々の映画のなかから面白い場面を抜き出し、ジェオ・ロンドンが新たに書卸したスケッチによってそれを一貫した物語の中に置いている。バックはフランス大衆の人気者であるが、バック傑作集とも称すべきこの喜劇では、その円転滑脱にまた飄逸大胆な演技と持味とが各種取りそろえて示される。笑劇の古強者バックの本領を知るに恰好のものであろう。その他の出演者は、フェリックス・ウーダール、イヴォンヌ・イマ、アルテュール・ドヴェール、ロジェ・トレヴィル、ポール・フェーヴル、等である。撮影はジャン・バシュレ、ジョルジュ・ローレ、ニコライ・トポルコフの三人。装置はマニエ、音楽はモーリス・イヴェン、オベルフェルト、ヴァンサン・スコット、サンデ、四人の曲を使用している。

ストーリー

正しいリオン人と異名されているパピヨン(バック)が軽罪裁判所で調べを受けている。キャフェ内で会計係の女にキスし、大道で乱暴を働き、深夜あばれ廻って、警官を侮辱したからである。そして裁判官の調べは彼の過去の行状に遡り、ここで「ブレエロオ事件」「脱船」「百万長者バック」等の五つの映画に於けるバックの彼独特の喜劇場面が順次展開される。...

作品データ

原題 Bach en Correctionnelle
製作年 1939年
製作国 フランス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi