火の夜
ホーム > 作品情報 > 映画「火の夜」
メニュー

火の夜

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「戦いの前夜」「海のつわもの」と同じくマルセル・レルビエ監督、ヴィクトル・フランサン主演になる映画で、「かりそめの幸福」「泣き笑ひの人生」のガビ・モルレが共演している。レオ・N・トルストイの『生ける屍』に基づいてレルビエ自らT・H・ロベールと協力して脚色し、「舞踏会の手帖」のジャン・サルマンが台詞を書いた。助演者は本邦には初紹介の二枚目ジョルジュ・リゴーを筆頭に「戦いの前夜」の故ガブリエル・シニョレ、「巨人ゴーレム(1936)」「我等の仲間」のシャルル・ドラ、「赤ちゃん」のマドレーヌ・ロバンソン等で其の他アンドレ・ノクス、ジャン・トゥールー、ジェナン、ポール・アンドラル、オデット・タラザクの面々も出演している。撮影は「微笑む人生」「最後の戦闘機」のアルマン・ティラールとルイ・ネが担当、音楽は「どん底」「シュヴァリエの流行児」と同じくジャン・ヴィーネがロジェ・デゾルミエールの協力を得て任じている。

ストーリー

一九〇四年、聖ペテルスブルグの冬であった。暗い灰色の中空に厳としてそびえ立つ裁判所の大架堂では、嫉妬から愛する妻を殺した若い殺人犯の公判が開かれた。弁護士は今巣立ったばかりの青年セルジュ・イヴァノヴィッチ、検事はセルジュが兄として親み師として敬うフェドール・アンドレイエフである。法廷では激しく論争しても、私生活では肉親の様な間柄だった。傍聴席にはフェドールの美しい妻リーザの姿も見えた。彼女は幼馴染のセルジュの初陣を気にして此処へ来たのであった。その席でフェドールは、ふと裁判所の代理人ボビニーヌが誠しやかにセルジュとリーザの間を書記に囁くのを聞いた。二人を信じていてもフェドールには何かそれは気懸かりだった。その夜彼は妻とセルジュを先に劇場へやって、自分はシベリヤへ終身刑を宣告された今日の殺人犯を訪れた。若い犯人は「妻は男を愛していました、思えば私は余計な存在だったにすぎません」と嘆くのであった。遅れて劇場へ着いたフェドールは妻とセルジュの親しげな様子を見て更に不安の念を強めた。バレエ「火の夜」を見て馬車で帰路についた三人は、ネバ河の畔で車を止め霧の中を散歩した。突如フェドールは疑惑を制し切れずセルジュを捉えて激しい言葉を浴びせた。やがて馬車へ帰ったのはセルジュとリーザの二人だけだった。フェドールは一人ジプシイの酒場へ行って、密室で遺書を書き自殺しようと計ったが、ジプシイ女マーシャに止められて果たさなかった。しかし翌朝ネバ河畔にフェドールの外套とリーザ宛の手紙が発見され、やがて顔の見判けもつかぬ死体が見つかった。こうしてフェドール・アンドレイエフの名は消え去ったのである。リーザは世間の噂を裏切ってセルジュとも結婚せず、亡き夫の愛情をしのびながら憂き多き毎日を送っていた。警察では彼女に夫殺しの嫌疑をかけ、次々と現れる証人や証拠の品によって殆ど有罪は免れないようであった。リーザは一年前に死んだフェドールの愛情が如何に深かったか、また自分がどれほど彼を愛していたかが今更のように解るのだった。その頃某国との戦いに前線に出動しているロシア軍の中に、ピョートル・イグナトフと云う勇敢な兵士があった。彼は塹壕の中で見た新聞でリーザが夫殺しの罪で裁かれている事を知った。イグナトフこそは一年前に死んだ筈のフェドールだった。首都ではリーザの罪は、最後の夜に三人を乗せた馭者の証言で殆ど決定的なものとなって、検事に昇進したボビニーヌが宣告しようとした時、法廷に現れたのは兵士イグナトフだった。彼はあの夜追い剥ぎに襲われた所をマーシャに助けられてから今日迄の事を話した。直ちに告訴は却下となり、再び戦線へ戻るフェドールに、リーザは心からの愛を告白し、何時までも待っていると云うのであった。...

作品データ

原題 Nuits de Feu
製作年 1937年
製作国 フランス
上映時間 98分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi