恋の焔(1930・イタリア)
ホーム > 作品情報 > 映画「恋の焔(1930・イタリア)」
メニュー

恋の焔(1930・イタリア)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

モンクトン・ホッフェがストーリーを書き脚本に組立てたものに基づき「成金」「モンナ・ヴンナ」のリヒャルト・アイヒベルクが監督した映画で主なる出演者は「ピカデリィ」のアンナ・メイ・ウォン、ジョージ・シュメル、ジョン・ロングデン、モナ・ゴヤなどである。

ストーリー

ロシア帝制華やかなりし頃ロシア国境附近に起こった武官と美しい舞姫との悲恋物語。中国曲芸団のハイタンは国境地方の駐屯軍を指揮する大公の属官ポリスと熱烈な恋に陥った。彼女は恋人にすべてを捧げた。フランス女のイヴェットも若きポリスに熱情を捧げたがポリスがハイタンに夢中になっているので少なからず嫉妬に胸を燃やすのであった。或る日、絶対権力の大公が宴会の席上でハイタンのあでやかな容姿を見てから彼女に野心を抱きはじめた。大公はハイタンをカフェー・オルフォイムに招待しようとポリスにその交渉を命ずる。ハイタンは一度は拒絶したものの愛人ポリスの困惑とその前途を思う時、大公の招待を否定する出来なくなって遂いに承諾した。ハイタンの弟ウォン・フーはこの事を心痛して姉を守るために給仕となってカフェーへ入り込む。ポリスもハイタンを連れて大公の許に来たものの心穏やかでなく室外に焦心するばかりであった。室内では大公はハイタンに迫った。悲鳴を聞きつけたウォン・フーはいきなり飛び込んで大公を撃ったが弾は外れて腕を掠めたにすぎなかった。ハイタンの哀訴も許されず大公はウォン・フーを捕縛した。翌日、ポリスもまたウォン・フー助命のため大公を説いたが却ってハイタンとの仲を大公に感ずかれ結果は不利にすすみ死刑と決定した。術策つきたハイタンは弟を救うため己れの身を犠牲にして大公の許に駆けつけ哀れ犠牲の祭壇に登った。辛うじてウォン・フーの命は救われた。然し彼女にとってはその総てが終わりであった。命を捧げていた恋人を裏切る結果となり遂いにハイタンは毒を仰いで恋人の腕に身も心も投げかけて短い一生を閉じて行った。...

作品データ

原題 Flame of Love
製作年 1930年
製作国 イギリス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi