時のほか何ものもなし
ホーム > 作品情報 > 映画「時のほか何ものもなし」
メニュー

時のほか何ものもなし

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「時のほか何ものもなし」はフランスの前衛映画のうちで、日本に持ち来たされた典型的なものである。表題の示しているように、パリに於ける二十四時間を表したものである。これを組立てるのに、監督者アルベルト・カヴァルカンティは、“純粋映画”風に行った。即ち、彼は、まず実写を寄せ集め、またそれを技巧的に工夫した断片を数々作り、その上でこの二つを彼の意のままに編集したのである。(無声)

作品データ

原題 Rien que les Heures
製作年 1926年
製作国 フランス

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「時のほか何ものもなし」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi