マッチ売りの少女(1928)
ホーム > 作品情報 > 映画「マッチ売りの少女(1928)」
メニュー

マッチ売りの少女(1928)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

有名なアンデルセンのお伽噺を映画化したもので、「女優ナナ(1926)」と同じくジャン・ルノワール氏が監督し、カトリーヌ・エスラン嬢が主演した。助演者はジャン・ストルム氏、マニュエル・ラービー氏、アミー・ウェルス嬢、トルストイ伯爵夫人、撮影者はジャン・バシュレ氏である。ヴィユ・コロンビエ座のアトリエで製作されたアヴァンガルド映画でソファール社が発売した。(無声)

ストーリー

大晦日の夜のこと、遠い遠い北国の或る町でのことでした。町中は道も屋根もまっ白に雪が積っていました。此の町の町はずれの貧乏窟に住んでいる小さいマッチ売りのカレンは獣の様に残忍強慾な親類の小父さん、小母さんにいじめられていました。彼女はマッチを入れた小さい篭を抱えて、雪に埋れた道を穴だらけのスリッパを穿いただけで寒さに慄えながら歩きました。しかし誰もマッチを買ってくれる者はありませんでした。家に閉じ篭っているのが退屈になって外出しようとした或る青年紳士は門際に出て来てからマッチを持っていないのに気付いてカレンを呼びましたが運悪く彼女には聞えないで彼女はそのまま通り過ぎました。彼女は或るカフェの明るい窓辺に吸い寄せられるように近づきました。かの青年紳士も其所の客となっていました。カレンは硝子窓の氷を爪で掻き落して中をのぞくとおいしそうなお菓子が犬に与えられるところでした。犬は砥めたばかりで食べようともしないで覗いているカレンに吠えつきました。逃出すあとから追い掛けて来て其の菓子はカレンに与えられたので、夢かと悦んだ彼女は食べようとしました。其時かの青年紳士が出て来て犬の砥めた菓子だからと云って取上げ棄てて了いました。そして代りに施しをしようとしたが其処へお巡りさんが来たので駄目になりました。カレンはお巡りさんに叱られるのかと思って逃げるとお巡りさんは追っかけて来て、彼女と一緒に面白い覗き眼鏡を見物しました。雪がひどく降り出したのでお巡りさんは早くお家へお帰りとすすめて行ってしまいました。だけどマッチを少しも売っていないカレンは帰れば叱れるので帰るわけにもゆかず、かの青年紳士の家の傍まで来ると動けなくなって坐りました。そして寒いのでマッチを点けました。暖かでしたがマッチは消えました。またマッチを点けると彼女の前にはストーブが見え、御馳走が見え、クリスマス・ツリーも見えました。それから玩具の兵隊が動き出し、士官が彼女を馬に乗せてくれました。するとその後から死神が馬で追駈けて来て彼女を奪い取り薄暗い国に連れて行きました。カレンの身体には薔薇の花が被さりました。翌朝かの青年紳士は小さなカレンが雪に埋れて死んでいるのを見て可愛想な少女だなと言いました。...

作品データ

原題 The Little Match Seller La Petite Marchande d'Allumettes
製作年 1928年
製作国 フランス

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「マッチ売りの少女(1928)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi