ラ・バタイユ
ホーム > 作品情報 > 映画「ラ・バタイユ」
メニュー

ラ・バタイユ

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ファレール氏の『ラ・バタイユ』を映画化したものだが、原作では不貞な妻であるミツ子を飽くまでも夫に忠実な妻とするなど、原作とはだいぶ異なっている。日本海海戦の場面では、フランス地中海艦隊が特に参加したという。出演は、早川雪洲氏、青木鶴子嬢、フランス映画界の名花ジナ・パレルム嬢、フェリクス・フォード氏。『ラ・バタイユ』はピエール・フロンデエ氏が脚色してかつてF・ジェミエ氏によってアントワーヌ座に上演せられた事もある。それから日本で公開せられているこの映画は小谷ヘンリイ氏が全部エディット仕直したものである。無声。

ストーリー

ヨリサカ侯爵はパリに於ける重大なる使命を果たして長崎に帰って来た時に彼を驚かすものが彼を待っていた。万事洋風を則ったなら夫が喜ぶであろうからと云うホックリイ夫人の言葉によって様式にと心懸けている妻のミツ子がそれである。更に妻の新しき魅力に心惹かれて近づくイギリス海軍士官フェアガンを観ては彼の心は悶えた。しかしイギリスの海上に於ける覇者たる事の秘密を彼の口から知ろうとした。日本海大海戦の日は来た。副官たりし彼は敵弾に傷ついた。傍らにフェアガンを見た時、傷ついた彼は言った。「俺に代わって指揮をしてくれ。君は俺にそれをしなければならぬ義務がある。」義務。フェアガンは指揮をした。そして弾に当たってたおれた。海戦は勝った。祖国の勝利だ。しかし貴き犠牲。ヨリサカ侯爵は妻ミツ子の許まで運ばれて息を引き取った。その後、ミツ子は余生を尼として送ったのである。...

スタッフ

監督
脚色
マーガレット・ターンブル
原作
クロード・ファレル
撮影
アスラン
ルイス・ダボイ

キャスト

作品データ

原題 La Bataille
製作年 1923年
製作国 フランス

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

東京ジョー[DVD] 原節子 十六歳~新しき土~[DVD] 戦場にかける橋 リミテッド・エディション[DVD] ナバロンの要塞/戦場にかける橋[Blu-ray/ブルーレイ]
東京ジョー[DVD] 原節子 十六歳~新しき土~[DVD] 戦場にかける橋 リミテッド・エディション[DVD] ナバロンの要塞/戦場にかける橋[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2016年9月2日 最安価格: ¥1,000 発売日:2009年4月24日 最安価格: ¥927 発売日:2001年1月26日 最安価格: ¥5,724 発売日:2013年11月20日 最安価格: ¥1,800
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi