霊魂の不滅
ホーム > 作品情報 > 映画「霊魂の不滅」
メニュー

霊魂の不滅

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「生恋死恋」「波高き日」等に主演したヴィクトル・シェーストレム氏が監督、主演をした心理表現劇で、全篇殆ど二重露出ばかりである。原作はスウェーデンのノヴェル賞金受領者セルマ・ラーゲレーヴ女史で、スウェーデンのアーヴィングと呼ばれて居るシェストロム氏が主演を兼ねている。無声。

ストーリー

大晦日の晩の出来事である。救世軍の女士官で、人生に対し温かい心を抱いて居るエディス・ラーソンは重い病の床に苦しんで居た。彼女が死の床にあっても尚心に懸かるのはデイヴィッド・ホラムの事であった。ホラムは仕方の無い酔払いで、妻や子のあるに拘らず、この晩も教会の庭で除夜の鐘を待ちながら飲み仲間と酒をあおって居た。彼は仲間に彼の友人ゲラーの事を話した。心理学に深い造詣を持つゲラーは大晦日の十二時に死んだ者は次の一年間死神の馬車の御者と成って、悲しみ、罪、絶望のある所、陸と海とを問わず、貧しきと富めるに係わらず死者の魂をその馬車に積み取る為に労々として働くものだと信じて居た。そして彼は去年の大晦日深夜の十二時に死んだのである。ホルムが話し終わってから程なく仲間同志わずかの事から争って、彼は墓石の上へ打ち倒された。折から崇厳に教会の鐘は十二時を報じて響いた。死神の馬車は音も無く教会の庭へ入って来た。ホルムの霊魂は、今死神の御者であるゲラーの霊魂に肉体を離れて呼び起こされた。ゲラーの霊魂はホルムに向かって今迄彼がその妻及び女士官エディスに対して行った非行の数々を挙げて責めた。そしてゲラーはホルムを縛り上げてエディスの死の床迄引きずって来た。エディスは尚も神にホルムの改悛を祈って居た。彼女の清い柔らかい声を聞いたホルムの霊魂は戦った。そして眼のあたりエディスの死を見せられた上、我が家へ引っ張って来られた。彼の妻は絶望の極自殺を決心して居た。しかし霊魂であるホルムには彼女を止める肉体が無かった。暴風の様に悔悟が彼の身を責めた。彼は始めて膝まづいて神に祈った。--死神は真に改悟せる彼の霊魂を再び肉体に返した。ホルムは失心から愕然として醒めた。彼が我が家に走り帰った時、彼は妻の自殺せんとするのを危うく止める事が出来た。それから後、ホルムは生まれ変わった男と成った--。感激深い物語である。...

作品データ

原題 Thy Soul Shall Bear Witness Korkarlen
製作年 1920年
製作国 スウェーデン

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「霊魂の不滅」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi