シモーヌ(1918)
ホーム > 作品情報 > 映画「シモーヌ(1918)」
メニュー

シモーヌ(1918)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フランス学士会員ブリウ氏が原作を、モルロン氏が脚色及び監督をした悲劇で、主役はリリアン・グルーヅ嬢、オデオン座付きのジューベ及びエスカンド氏、コメディ・フランセーズ座付きのガレー氏及びヴァルベール氏等である。無声。

ストーリー

セルジャックが不義をした妻を誤って殺したのが、十五年後の今日に至って娘シモーヌの知る所と成る。シモーヌは青年画家ミセール、ミニエと相思の仲であったが、セルジャックの罪が知れて破談となる。母を想うシモーヌは父の罪を許す事が出来なかったが、亡母の父なるド・ロルシーが彼の罪を許した為シモーヌも父を許し、やがてミセールと結婚式を挙げる。セルジャクは娘の為を思って遠く異国へ去った--。...

スタッフ

監督
脚色
モルロン
原作
ブリウ

キャスト

作品データ

原題 Simone
製作年 1918年
製作国 フランス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi