月光の曲(1920)
ホーム > 作品情報 > 映画「月光の曲(1920)」
メニュー

月光の曲(1920)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

日本の婦人の思想としては少々理解し得ないかも知れないが、処女性に対する欧州婦人の考えが基となって、此の深刻極まりない一篇の悲劇は構成されて居るのである。無声。

ストーリー

許婚者と結婚すべく海上生活を棄てて帰省した海軍士官レイモンド・プロエルネは、友人と晩餐を共にした折、同席のジラニ侯爵が雑談中に許婚のリディー又は従妹のテレサかの何れかと恋仲である事を語ったので、其の何れかを詰まったが侯爵が明かさなかったのが基で遂に決闘を行い、侯爵を射殺してしまった。しかし自分の許婚者が侯爵の恋人であったか、従妹が其れであったか、深い煩悶に陥ったレイモンドは彼等の密会場であった或る海岸の洞窟に至って女の来るを見れば従妹のテレサであった。斯くして彼はリディーと結婚して新生涯に入ったが実は侯爵の恋人であったのはリディーなので、テレサは許婚者同志の幸福を全うする為に進んで犠牲となり修道院に入ったのであった。表面上幸福なるプロエルネ夫人にはやがて悲劇が来た。リディーとしては処女を捧げたジラニ侯爵が今の夫のレイモンドより遥かに懐かしき人で、其れを殺した夫は不倶戴天の仇であると、復讐の折を見計らって居た。しかし彼女はジラニ侯爵は妻ありし放蕩児であった事を知らなかったので、時来って彼女が夫に対する深刻な復讐を企画し、愛の仮面を剥ぎ棄てて勝利の快感に浸ったのも束の間、彼女は自己の不明なりしを覚って死して神に許しを乞わなければならなかった。...

作品データ

原題 A Debt of Hatred
製作年 1920年
製作国 イタリア

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi