快傑ダントン
ホーム > 作品情報 > 映画「快傑ダントン」
メニュー

快傑ダントン

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フランス革命当時の英傑ダントンを人間的に扱った時代劇。ドイツヴェルネル会社の「オセロ(1922)」の前の名作品で、「オセロ(1922)」の監督たり又「カラマーゾフ兄弟」等のアート・ディレクターとして名高いディミトリ・ブコウスキー氏が原作と監督の掌に当たって居る。フランス革命当時の快傑ジョルジュ・ダントンを人間的に扱ったもので主役には「オセロ(1922)」「ファラオの恋」「デセプション」等のエミール・ヤニングス氏が扮し、その他例に依り、「オセロ(1922)」「カリガリ博士」等のヴェルネル・クラウス氏やヒルデ・ヴェルネル嬢等立派な顔触れである。無声。

ストーリー

1789年勃然として起こったフランス革命の結果、横暴を極めた時の王朝は覆され世は人民のものとなった。しかし革命後その理想とする立派な共和政体はなかなか実現されなかった。此の革命の背後にある人傑中の大立物、ダントンは打ち続く流血の混乱期……恐怖時代を憂い、一時も早く共和政体を確立し人民安堵の日を招致すべく望んだ。彼と意見を異にするロベスピエール一味は旧王朝に対しいささかの好意を持つ者に至る迄飽く迄も全滅せしむべく恐怖時代を人民の為に憂うる色もなかった。革命、流血、会議、政治、人並以上に熱烈な人間らしい性格を持って居るダントンは此等の無味乾燥な事を以て埋められた生活が馬鹿々々しくなった。しかも偉大な愛を根拠とする彼の策は用いらるべくも見えない事を憤り、彼は遂に国民会議の席を蹴って一市民としての、人間としての生活を楽しむべく、政治圏を去った。其処には酒もあり愛すべき女性もあった。彼の朋友同志は彼の為に之を惜しんだが、彼の人間としての情熱は抜くあたわざるものがあった。ロベスピエール一味は彼を市民の仇敵とそしり人民を扇動し彼を襲わしめたが、偉大なる彼の人格の前に人民は寧ろ敬服するのみであった。人民の頭に自由の念、恐怖時代を呪う念が深く喰い入って行くのを見たロベスピエール一味は、ダントン及びその周囲の者にその責を帰し、あらぬ理由の許に彼等を捕縛した。自由の血躍る革命児ダントンは、フランス共和政体確立の最大の犠牲として、雄々しくも斯くて一市民として人間として暴虐の手を甘受したのであった。...

作品データ

原題 All for a Woman Danton
製作年 1921年
製作国 ドイツ

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

シネマ語り ~ナレーションで楽しむサイレント映画~ 最後の人[DVD] ヴァリエテ[DVD] 嘆きの天使【淀川長治解説映像付き】[DVD] 最後の人[DVD]
シネマ語り ~ナレーションで楽しむサイレント映画~ 最後の人[DVD] ヴァリエテ[DVD] 嘆きの天使【淀川長治解説映像付き】[DVD] 最後の人[DVD]
発売日:2016年8月26日 最安価格: ¥1,512 発売日:2015年7月24日 最安価格: ¥1,031 発売日:2009年2月20日 最安価格: ¥927 発売日:2005年11月11日 最安価格: ¥2,646
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi