悪魔に魂を売った男
ホーム > 作品情報 > 映画「悪魔に魂を売った男」
メニュー

悪魔に魂を売った男

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フランス、パテ会社から発売されたパラジウム・オヴ・パリー映画で、有名なオスカー・ワイルド氏の詩を基に、フランス小説家ピエール・ヴェベール氏が原作を書いたもので氏は又俳優としも出演している。脚色・監督はピエール・カロン氏。無声。

ストーリー

株に失敗した銀行頭取ビアンヴヌーは破産の悲運に遭い自殺せんとした。その刹那に悪魔が現れて彼の魂を金にて購う事を提言した。かくて一日一千万フランの約束で魂を売り、同時に日々その一千万フランをことごとく消費すべき事、万一これを行わざる時は地獄に落とさるべき、又金を故意に紛失、破棄、分与等なさざる事という契約書を作成した。彼は最初この絶大の幸福をこの上もなく喜び味わったが次第に栄華の夢にあき日々の金を費す方策も尽き、余命も少い境遇となった。折りから彼はふと知り合った一人の美人女工に恋する様になり、彼が奇妙なる薄命を語ったが、彼女から「人類の幸福を購う為に貧民に金を寄与する」策を教えられ、彼は再生の思いでそれに着手した。「幸福を購う」のであるから悪魔も如何とも致方なく遂に彼に妥協を申し込んで契約書を焼却する。女工と結婚した彼は、かくて社会改善に努力すべく志し、新生涯に入った。...

作品データ

原題 The Man Who Sold His Soul to the Devil
製作国 フランス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi