道の涯
ホーム > 作品情報 > 映画「道の涯」
メニュー

道の涯

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アスタ・ニールセン嬢主演のクゼレビ映画の一本で、原作は「因縁の指環」と同じくハンス・ガウス氏である。(無声、全五篇)

ストーリー

ドラは恋人の医師を捨て他の男と結婚して間もなく子供が出来たが、夫婦間に愛がなく、夫の身持ちは悪かった。ある日子供の大怪我を診察させた医師が計らず以前の恋人なりし為、彼女の心は自然彼の上に傾いていった。そして彼女は彼の建てる病児院の資金募集に力を貸した。しかるに心曲れる彼女の夫はその資金の一部を医師に調達し、しかもその金を以て医師に賭博を強いて損失せしめ背任の罪を負わしめた。彼女は彼の困窮を救うべく尽力したが、それがかえって世間の誤解を招く原因となり悪辣なる夫の乗ずる所となって終わった。彼女が離婚訴訟を夫に提起した時不当なる夫の要求から相争ったとき、彼女は思わず夫を射殺してしまった。この事件の裁判の折偽りの陳述をなしたかどによって彼の医師も捕われの身となったのであるが、彼女との間には不幸の中にも美しい愛の誓いは成り立ったのである。...

キャスト

作品データ

原題 At the End of the Road
製作国 ドイツ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi