夕陽の墓場
ホーム > 作品情報 > 映画「夕陽の墓場」
メニュー

夕陽の墓場

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

シルバー・ベムのオリジナル・シナリオをマリオ・マフィーが監督したイタリア西部劇。撮影はカルロ・ベレロとマノロ・メリノ、音楽は「ブーベの恋人」のカルロ・ルスティケリがあたっている。出演は、ウィリアム・バーガー、「二匹の流れ星」のアドリアーナ・アンベシー、「続荒野の用心棒」のエドゥアルド・ファヤルド、ウォルター・マストシー、グイド・ダ・サルビなど。

ストーリー

二十万ドルの札束が駅馬車で輸送の途中に襲われた。この事件の犯人として、流れ者のジャック(W・バーガー)は、ギブスをしたブロークンという男と投獄された。身に覚えのないことだが二十万ドルと聞いたジャックは、ブロークンをしめあげて、共犯者の市長、シェリフ、ジム、ブラックなどの名を聞き出して、脱獄した。町に来たジャックは、ジムの情婦である酒場の女主人からジムのことを聞き出し、その家に忍び込んだが、シェリフの不意討ちに倒れてしまった。怯えたジムの様子から自分たちのことが洩れるのを恐れた市長は、ブラックにジムを殺させ家に火を放った。倒れていたジャックも、ようやく気がつき、危く逃げ出した。ジャックが生き残ったことを知った市長たちは、悪名高いザ・メキシカンを雇いジャックを殺すよう依頼した。そしてブラックと、ザ・メキシカンと三人の手下は、真夜中のボタ山でジャックを襲撃したが、逆に傷を負わされてしまった。血まみれになって帰ったブラックとザ・メキシカンを見たシェリフは、恐怖心のあまり錯乱し、二人をうち殺してしまった。そのシェリフを連れてジャックは市長の家にのりこんだ。ジャックを射つつもりで、あやまってシェリフを射ってしまった市長は、二十万ドルを放り出すと、命だけは、と懇願した。金を奪ったジャックは、それを滝壷に隠すと、再び監獄に戻った。そして数日後、市長が連邦保安官に捕えられて、ジャックたちの牢獄に入れられてきた。怒りのおさまらないでいた市長は、隠し持っていたナイフをジャックの背中になげつけたが、その時、一発の銃声と共にナイフは落とされ、ギブスだったブロークンの手に拳銃がにぎられていた。潔白を証明されたジャックは金の隠し場所を保安官に告げると、いずこともなく立ち去っていった。...

作品データ

原題 La Notte del Desperado
製作年 1967年
製作国 イタリア
配給 NIC

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi