姿なき軍隊
ホーム > 作品情報 > 映画「姿なき軍隊」
メニュー

姿なき軍隊

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

昨年の「都会の旋律」についで公開されるデンマーク映画一九五一年作品。クヌト・シェンダービーの書卸し脚本を、「都会の旋律」と同じくヨハン・ヤコブセンが監督、カイ・メラーが作曲している。撮影はルドルフ・フリーデリッセンと、「怒りの日」のカール・アンデルソンの担当である。主演は「都会の旋律」と同じくエッベ・ローデ、ボディル・ライシャートら。

ストーリー

第二次世界大戦の末期、ナチに占領されているある国にはレジスタンスの地下運動が拡がっていた。アリス(B・ケアー)の夫ポール(M・ウィッテ)も闘士の一人で、既に英国に逃れていたが、その留守中彼女に心を配ったのは夫の親友で技師のヨルゲン(E・ローデ)であった。彼女の母は、アリスが危険人物を夫に持つよりヨルゲンを選ぶことに賛成であったが、アリスはそれを否定しながらも彼女を慕うヨルゲンに心かたむけずにはいられなかった。処がある日、既に故国に潜入していたポールがゲシュタポに狙われて家に逃げ帰って来た。そしてレジスタンスの一味はヨルゲンの工場を襲撃する計画をたてた。その工場ではメトロダンという秘密兵器を製造していたからである。ヨルゲンはこの計画に反対し、アリスもまた反対したことから、ポールははじめて二人の仲に気づいた。嫉妬した彼は家に姿を現し、張り込んでいたゲシュタポに射殺されてしまった。しかしその報をポールの仲間からきいたヨルゲンは、はじめて工場破壊を決意、夫を亡ったアリスの愛の告白にも耳をかさず、爆弾を抱いて工場の怪兵器と共に散ったのであった。...

作品データ

原題 Den Usynlige Haer
製作年 1951年
製作国 デンマーク
配給 パールハウス=映配

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi