北国の旅愁
ホーム > 作品情報 > 映画「北国の旅愁」
メニュー

北国の旅愁

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ロン・ケリーとジョージ・C・ロバートソンの脚本をロン・ケリーが監督した女性映画。撮影はデニス・ギルソンとポール・リーチ、音楽をエルドン・ラスバーン、美術をアール・プレストン、編集をバーニー・ハウェルズ。出演はアレクサンドラ・スチュワルト、フランソワ・タッセなど。製作はウォルフォード・ヘウィッソン、総製作はロバート・アレン。

ストーリー

カナダ娘カロライン(A・スチュアート)は、突然バンクーバーの邸をとびだし、ケベックに住みついた。フランス語の教師になり、マークと愛し合い、新しい環境になじんだ頃、かつての恋人で結婚まで誓ったピーター(R・ハウェイ)がやって来た。カロラインは混乱した。そんな折、父スティーブンから再婚するから帰るようにと言ってきた。相手は彼女の学友エミリーだった。カロラインはピーターと共に帰ることにした。が、マークも同行することになった。バンクーバーの邸に着いてからの数日は、奇妙な三角関係が展開された。ピーターの積極的な誘惑にカロラインは、マークとうまく別れられればと約束はしたものの、彼女は迷っていた。それどころか、彼女の心は、父の結婚で、大きく揺れ動いていた。彼女は、父親に対してふしぎな感情を持っていた。崇拝というよりも、もっと以上の。婚約パーティに集まった上流階級の連中にいやけがさしたマークは翌朝ケベックに帰ることにし、ピーターに空港まで送ってくれるよう頼んだ。しかし、ピーターもまたカロラインが決して自分を愛してはいないことを知り、結婚を断念していた。こうしてカロラインの恋人は二人とも、彼女から離れていった。...

作品データ

原題 Waiting for Caroline
製作年 1968年
製作国 カナダ
配給 ユナイト

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

さよならエマニエル夫人[Blu-ray/ブルーレイ] マンハッタンの二人の男[DVD] さよならエマニエル夫人[DVD] さよならエマニエル夫人[Blu-ray/ブルーレイ]
さよならエマニエル夫人[Blu-ray/ブルーレイ] マンハッタンの二人の男[DVD] さよならエマニエル夫人[DVD] さよならエマニエル夫人[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2015年6月24日 最安価格: ¥1,201 発売日:2005年9月30日 最安価格: ¥4,158 発売日:2012年4月13日 最安価格: ¥910 発売日:2013年11月27日 最安価格: ¥1,201
Powered by 価格.com

他のユーザーは「北国の旅愁」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi