紅ばらがひらく夜
ホーム > 作品情報 > 映画「紅ばらがひらく夜」
メニュー

紅ばらがひらく夜

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

オスカー・ブラッツイとロッサノ・ブラッツィ兄弟の脚本を兄のオスカー・ブラッツイが監督したセクシー・ドラマ。撮影はアルフィオ・コンティーニ、音楽はジャンニ・マルケッティが担当した。出演はロッサノ・ブラッツィ、新人ミンメ・ビスカルディほか。製作はセルジオ・メロル。

ストーリー

べティ(M・ビスカルディ)は十七歳の高校生。身体はすでに大人だ。性体験を持ちたいと思っているが、いざとなると、恐れてしまう。ある時、有名な俳優(R・ブラッツイ)と知りあったが、彼との場合も最後まではいかなかった。一方彼女に思いをよせている青年ワルターは、彼女との結婚を願い、必要な金を作るため仲間と強盗を計画。だが逃げる時、車にひかれて即死してしまった。悲しみのベティは、いつしか俳優の家へ向かっていた。やがて、夜のとばりがおりる頃、彼女は俳優に抱かれ、大人になった。頭の中ではワルターのことを考えながら……。一人の少女の喪失の日記である。...

作品データ

原題 Il Diario Segreto Di Una Minorenne
製作年 1969年
製作国 イタリア
配給 大映第一フィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi