恍惚の泉
ホーム > 作品情報 > 映画「恍惚の泉」
メニュー

恍惚の泉

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

グスタブ・サンドグレーンの原作をウルフ・パルメが脚色、「太陽のかけら」のグンナール・ヘグルンドが監督した。撮影は「断罪」のラース・ビヨルネ、音楽は「歓び」のベント・アルネ・バリンが担当した。出演は、ハンス・グスタフソン、リレモール・オルソン、アンヌ・ノルドなど。製作はスティーグ・スコーグルンド。

ストーリー

スイスで勉強していたバイオリニスト、レアンダー(H・グスタフソン)は夏のバカンスを楽しむべくスウェーデンの故郷にかえった。義妹のメイトが思慕しているのを知りながら、彼は女中のアイノと情事にふけっていた。その頃、遊びに来ていたプレイガール、ゲルダ、スザンヌ、ローラの三人娘とレアンダーは親しくなり、関係をもつようになった。夏も終りに近づき、レアンダーはスイスに戻ろうとしていた。家を出る時、彼は三人の女の中で最も真剣に愛したスザンヌに、一緒にスイスに来るよう頼んだ。が、スザンヌはレアンダーをやさしく愛撫すると立ち去っていった。...

作品データ

原題 Som Havets Nakna Vind
製作年 1968年
製作国 スウェーデン
配給 松竹
上映時間 105分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi