歓びのしずく
ホーム > 作品情報 > 映画「歓びのしずく」
メニュー

歓びのしずく

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ニコス・ジマスとグレゴリー・シスカスが共同で、脚本・監督にあたった。撮影はニコス・ミラス、音楽はクリストス・レオンティスが担当している。出演は、ニッキ・トリアンタフィリドー、ジョルジ・シフィス、グレゴリー・ツオマキスなど。

ストーリー

美しい海と田園をのぞむギリシャの小さな村。ここに住む既婚の若者ディミトリス(G・シフィス)は働き者として評判が高かった。彼は、いとこのバシリス(G・ツオマキス)の若くて美しい妻マリア(N・トリアンタフィリドー)を知り、強くひかれ、バシリスに知られないようにして、近づいていった。夫との愛の倦怠を感じていた矢先のマリアは、ディミトリスの愛をうけ入れた。こうして二人の許されさる恋は、日増に燃えあがっていった。ある日村の厳格な道徳規律や封建的な考えにしばられるのを嫌ったディミトリスは、一人村を出た。が、村を一歩離れたディミトリスは、環境のちがう世界や人々になじめずマリアをしたう気持は、日毎にますばかりだった。彼はふたたび村に戻るや、マリアに逢いに行った。だが、二人の逢いびきの現場をバシリスに見つかってしまった。ディミトリスとバシリスは、決闘することになった。まる一日二人は闘い、ついに意識を失なって野原に倒れた。何時間かたった。目がさめたディミトリスは、起きあがると何をおもったか海に向って走り出した。美しい陽光を浴び、ディミトリスは自らの体を海中に沈めていった。彼の死により、村人たちは、マリアの行為は悪霊の仕業だと責めた。数日後、マリアは首をつって、深い悲しみの中で死んでいった。二人の死によってこの恋人たちを結びつけた愛が単なる欲望や快楽のみによったものでなく、深い愛にささえられていたことを村人たちは知った。ディミトリスとマリアの遺体は村人たちによって、村で一番美しい丘の上に埋葬された。...

作品データ

原題 The Lover's Grave
製作年 1967年
製作国 ギリシャ
配給 松竹映配

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi