花弁が濡れるとき
ホーム > 作品情報 > 映画「花弁が濡れるとき」
メニュー

花弁が濡れるとき

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

デンマークの作家エンス・アウグスト・シェーデのベストセラー小説を、ポール・ボルムとヘニング・カールセンが脚色し、「餓え」のヘニング・カールセンが監督した。撮影はヘニング・クリスチャンセン、音楽はクシシュトフ・コメダが担当している。出演は「歓喜のたわむれ」のハリエット・アンデルソン、演劇畑出身のエリク・ベーデルスー、エヴァ・ダールベック、ロン・ロードなど。製作はイエラン・リンドグレンとヘニング・カールセン。

ストーリー

デンマークの大学で植物学を専攻するハンス(E・ベーデルスー)は、彼の婚約者でありながら他の男と交渉をもったミトラに会うため、汽車で故郷に向った。ミトラのことや、ねんごろにしている人妻エバンゲリーネのことなどを考えていたが、ハンスは自分の前の席に坐った踊り子のソフィア(H・アンデルソン)に強くひかれ、汽車のトイレの中で、欲望をとげた。次の駅でハンスは乗り換えたが、ソフィアのコンパートメントにはエバンゲリーネの夫シャロフが入ってきた。二人はじゃれつくようにして求めあった。リオに到着したソフィアは、シャロフと共にラモンを訪れた。ラモンはソフィアに言い寄り、彼女を手に入れた。おもしろくないシャロフは、車の中でラモンを刺殺した。翌日、ソフィアは売春婦になることを望んで、むかし父の愛人だった女の店を訪ねた。一方デンマークのハンスとミトラが同棲している下宿にはエバンゲリーネが訪れたが、ハンスはいつもソフィアのことを考えていた。そのソフィアはニューヨークに渡り、ギャング団の仲間入りをしていた。ハンスとミトラは結婚式をあげた。エバンゲリーネは夫シャロフのもとに帰り、命じられて売春婦となった。結婚はしたものの、ハンスとミトラはうまくいかなかった。その頃、ソフィアはニューヨークで、ダンサーとして売れていた。たまたま会ったシャロフから、ソフィアがリオにいると聞いたハンスは、ミトラを連れて、リオに旅立ったが、店の女王人に誘惑され、また同時に二人の女を抱いた。その女たちからソフィアがニューヨークにいることをきいたハンスは、そこへ向った。ソフィアが奇抜な発言をし、新聞にかきたてられたことがきっかけで、ハンスとソフィアはめぐり会い、リオの二人の女をまじえて、すばらしい愛の生活がはじまった。走る寝台車の中、ソフィアは覆面の男に抱かれる。ところが翌朝目さめた時、男の姿はなく、食べたはずのチョコレートもそのままだった。これまでのことは一切が幻想だったのだろうか?……。...

作品データ

原題 People Meet and Sweet Music Fills The Heart
製作年 1967年
製作国 スウェーデン・デンマーク合作
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi