わたしは女
ホーム > 作品情報 > 映画「わたしは女」
メニュー

わたしは女

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

スウェーデンの女流作家シブ・ホルムの小説をペール・グルドブランドセンが脚色、カメラマン出身のマック・アールベルイが撮影・監督を担当した。音楽はスヴェン・ギルドマルク。出演は新人エシー・ペルソンのほかに、ヨアン・レーエンベア、プレベン・マールト、プレベン・ケールニング。トーベ・メース、エリック・ヘル。メトロスコープ、スタンダード。

ストーリー

スウェーデンの大都会。若い看護婦シブ・エスルート(E・ペルソン)は街で若い男と知りあい、その夜、逢う約束をした。彼を待つ彼女の胸には、過去の数々の情事が、走馬灯のようによみがえってきた--。シブは小さな町の宗教的な家庭に育ち、フィアンセのスエン(P・マールト)は熱心なクリスチャンだった。かたぶつのフィアンセ、いかめしい環境--若いシブはがまんできなかった。町の病院につとめているとき、患者のハインツと肉体関係をもった。しかし病気快復した彼が彼女に求婚した時、それを断って大都会にでた。誰からも縛られない自由な生活とセックス。両親からも、フィアンセからも離れ、完全な自由を求めて大都会へ出ていった。そして市の病院の手術室つきの看護婦となった。ある日、湖畔のレストランで、航海から帰ったばかりの船員と会い、たちまち新しい情事が始まった。一方、病院の外科医とも関係をもった。彼女には男を夢中にさせるものがあったのだろう。そして船員は、二週間すれば航海に出るからと、求婚した。これが彼との情事の終りだった。やがて外科医との関係も終止符をうった。彼には他に女性がいたのだ。結婚してくれれば、その女性は捨てる、と迫ったが、しょせん無駄だった--。夜、約束の時間がきた。シブは新しい情事のスタートに胸を躍らせながら男の足音に耳をすました。やがて情事が終った。男の名前をシブは聞いた。だが彼は答えなかった。“これ以上、関係を続けたら結婚したくなるからな”と言って消えていった。この皮肉なめぐり合わせに、シブは、男があっ気に取られるほど、ヒステリックに笑い続けるのだった。...

作品データ

原題 I' a Woman
製作年 1967年
製作国 スウェーデン・デンマーク合作
配給 MGM

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi