海底決戦隊
ホーム > 作品情報 > 映画「海底決戦隊」
メニュー

海底決戦隊

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

エルネスト・ガスタルディとウーゴ・グエッラの脚本を、ハーバート・J・シャーマンが監督したアクションもの。撮影はアンジェロ・フィリピン、音楽は「さらばアフリカ」のリズ・オルトラーニが担当している。出演は「ローマの奴隷市場」のラング・ジェフリーズ、「情無用のコルト」のヘルガ・リーネ、「続殺しへの招待 ブレークアップ作戦」のジョルジュ・リゴー、「38口径」のホセ・グレチなど。イーストマンカラー、パノラミコ。

ストーリー

ある日、スイスの精神病院から一人の患者が脱走した。彼はドイツ軍用機の操縦士だった男で、二十数年前、飛行機墜落の折に、二つの箱をイスタンブールの海に投げ込んだことがあった。脱走の報告は、アメリカ諜報部にも届いたが、ソ連の諜報部もそれをキャッチした。彼らは、海底に沈められた箱には、地球の引力を無にする方程式が納められているのを知っていた。ソ連の諜報部は腕利きのワシリをイスタンブールに派遣した。その頃、イスタンブールの町にカート(L・ジェフリーズ)と名乗る男があらわれ、彼はホーファという金持に近づき、自分が脱走した操縦士であり、箱を引き上げる費用をだしてくれるようにとたのんだ。翌日、カートは飛行機が墜落した山復から、船にいるホーファに箱の位置をでたらめに無線で教えて帰る途中、何者かに狙撃され、谷底に落ちた。狙撃者は、本ものの操縦士だった。カートは病院で操縦士と会い、病気を治してやるといって箱の秘密をききだしたのだった。谷底へ落ちたものの、カートは死ななかった。カートの前には箱を手に入れようとする相手が多勢あらわれた。そこでカートはニセの箱を用意したりしたが、それも見破られてしまった。カートは潜水し、本物の箱を回収しようとしたが、箱はギャング団によって奪い去られ、その後を追ったカートも海底の基地に拉致された。だが、箱の中には、方程式などはなく、中からは有毒ガスがたちのぼり、ギャング一味を殺してしまった。酸素ボンベを持っていたカートは、かねて目をつけていたホーファの秘書リンをともなって、かろうじて逃げ出したのだった。...

作品データ

原題 Assignment Lost Formula
製作年 1966年
製作国 イタリア・スペイン・フランス合作
配給 NCC

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi