077地獄のカクテル
ホーム > 作品情報 > 映画「077地獄のカクテル」
メニュー

077地獄のカクテル

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

サンドロ・コンティネンツァ、マルチェロ・コシア、レオナルド・マルティンの共同脚本を、テレンス・ハサウェイが監督したスパイ・アクション。撮影はホアン・フリオ・バエナ、音楽はアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノが担当した。出演はケン・クラーク、フィリッペ・ヘルセント、ヘルガ・リーネほか。テクニカラー、テクニスコープ。

ストーリー

「ブラッディ・メリー」と呼ばれる新型原子爆弾が米軍機でヨーロッパに向う途中、飛行機もろとも行方不明になった。アメリカCIAの秘密情報部員ディック・マロイ(K・クラーク)は上官ヘストン(P・ヘルセント)からこの報を受け、パリへ急行して国際スパイ結社「ブラック・リリー」の調査をするよう命ぜられた。彼はパリに着くと同じくCIAから派遣されているエルサ(H・リネ)に会って情報を交換した。彼女は「ブラック・リリー」の秘密本部と思われる整形手術病院にもぐりこんで、女医として働いていた。その夜彼はナイトクラブで、ストリップガールと知り合い、彼女のアパートではからずも「ブラッディ・メリー」がスペインのバルセロナから出る船に積み込まれることを知った。ディックはバルセロナに急行し、その船に乗りこんで、船倉に「ブラッディ・メリー」を発見したが、船員に見つかり監禁された。しかし彼はギリシャの海岸近くで脱出に成功、町の隠れ家でエルサに再会した。陸揚げされた「ブラッデイ・メリー」を追ったデイックは以前助けて貰ったことのある運転手の協力で、目的物を手に入れた。ところがこの運転手はロシアのスパイであった。折角手にした「ブラッディ・メリー」を彼にかすめとられたディックは苦心の末、やっとそれをとりもどしアメリカ海軍に渡すことが出来た。...

作品データ

原題 Agente 077 Missione Bloody Mary
製作年 1965年
製作国 イタリア・スペイン・フランス合作
配給 NIC

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi