マドモアゼル(1966)のレビュー・感想・評価

マドモアゼル(1966)

劇場公開日 1966年12月3日
2件を表示 映画レビューを書く

マダムじゃない

マダムじゃなくて、マドモアゼル。なんか、このタイトルがイヤな感じです。

主人公を満たされない陰湿なマドモアゼルにしたところが、(しかもお嬢さんという年齢でもない)とても男性的な作品だなと思いました。

ミカ
ミカさん / 2017年1月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外と馬が不気味です

今話題の『トラウマ映画』という事でレンタルしました。

パッケージの、男を見上げるヒロインの美しさに対して、物語に出てきたのは、ちょっと顔の角張ったオバサン!

これって一昔前にAV業界でよくあった『パッケージ詐欺』だよね?と思ったら、

このマドモアゼル!
どんどん綺麗になってくんですね~( ̄0 ̄;

と、書くと『冴えない中年女が恋して磨かれて……』という例のアレと誤解されてしまいそうですが、

この女『自分の欲望のままに好き放題しまくって内面から輝いてってしまうんですね~』と、書くとやっぱり誤解されそうなんですが……うーん

エロの面では15Rのトラウマとゆーか
「わっかりやす~っ!」って感じなんですが

白黒画像で撮られた明るい森はなんだか
点描画の様に見えて、それが生理的に気持ち悪かったり、馬の演技が上手すぎて(ダジャレじゃないです)今にも喋り出しそうだったり……

死の場面が妙に静かで、それがかえって、
じんわり怖かったり、

なんだかマドモアゼルの怒りの沸点も
「もーちょっと話し合ってみてもいいんじゃ
ない?」って思ったんですが、

そーゆー人間もいるって事や、
観ていて「この時代の貞操倫理ってこんなだったっけ?結構、思いきった事やっちゃってるよ!」って、今の私が感じる点が
トラウマ映画の由縁だったりするんでしょーか?
σ( ̄∇ ̄;)

恩田かーや
恩田かーやさん / 2014年7月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi