スタンダールの恋愛論
ホーム > 作品情報 > 映画「スタンダールの恋愛論」
メニュー

スタンダールの恋愛論

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

スタンダールのエッセイ『恋愛論』を現代におきかえて映画化したもので、脚色は監督のジャン・オーレルと「浮気なカロリーヌ」の原作者として知られるセシル・サン・ローラン。撮影はエドモン・リシャール、音楽はアンドレ・オディールが担当した。出演は「小間使の日記」のミシェル・ピッコリ、「予期せぬ出来事」のエルザ・マルティネッリ、「国境は燃えている」のアンナ・カリーナ、「フィフィ大空をゆく」のフィリップ・アブロン、カナダ生まれの新人ジョアンナ・シムカス、「輪舞」のジャン・ソレルほか。なお、トレーションを松村達雄が担当している。製作は「女と男のいる舗道」のピエール・ブロンベルジェ。

ストーリー

エレーヌ(A・カリーナ)とセルジュ(P・アブロン)の場合。恋の攻防戦は、まずセルジュの方から先制の口火をきった。町角で声をかけ、バスの中まで追いかけ、とうとうレストランに連れ込むことに成功。だが敵もさるもの、発止と渡りあい、容易には陥落しない。だがセルジュは休みなく攻撃を続け、押しの一手で、ついに恋の勝利者となった。続いてソフィー(J・シムカス)とウェルテル(B・ガルニエ)の場合はどうか。ウェルテルは誠実で内気で、あまりに礼儀正しすぎたためか、ソフィーを愛していながらも失敗した。彼のあまりの臆病さに彼女は怒ってしまったのだ。そんな二人を見ていたのが当代のドン・ファン、歯科医のラウール(M・ピッコリ)だ。彼は水際だった色事師ぶりを発揮して、またたく間にソフィーを陥落させた。しかしドン・ファンほど嫉妬ぶかいという。デート中にソフィーは、とあるアパートに立ち寄り、なかなか出てこなかった。彼女は別れた夫の部屋に行ったのだ。二人の情事を知ったラウールはソフィーを車の中で殴りつけた。それをみていたのがラウールの車と並行して走っていたマチルド(E・マルチネリ)だった。二人はいわゆる一目惚れという発作。二台の車は森の中のホテルにたどりついた。人後に落ちぬプレイボーイとプレイガールの対決である。だがラウールは失敗した。翌日、再び二人は会ったがやはりラウールは失敗。彼の苦悩は、はた目にもいたいたしいほどたった。数日後、マチルドがボーイフレンドとデートの日、ラウールは彼らを尾行した。嫉妬にかられたラウールはマチルドを奪い、海岸で彼女を抱いた。ラウールは過去に関係したすべての女性を八ミリに収める習慣だったが、ついにマチルドも、彼のコレクションに入れることができた。...

作品データ

原題 De L'amour
製作年 1965年
製作国 フランス
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

カトリーヌ・ドヌーヴ トリプルBOX[DVD] 最後の晩餐[DVD] ひきしお[Blu-ray/ブルーレイ] エレニの帰郷[DVD]
カトリーヌ・ドヌーヴ トリプルBOX[DVD] 最後の晩餐[DVD] ひきしお[Blu-ray/ブルーレイ] エレニの帰郷[DVD]
発売日:2011年4月20日 最安価格: ¥9,603 発売日:2006年1月28日 最安価格: ¥4,665 発売日:2014年10月24日 最安価格: ¥3,036 発売日:2014年7月11日 最安価格: ¥4,700
Powered by 価格.com

他のユーザーは「スタンダールの恋愛論」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi