暁の出撃(1955)
ホーム > 作品情報 > 映画「暁の出撃(1955)」
メニュー

暁の出撃(1955)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ハロルド・ブリックヒルの小説とギブスン大佐の報告書に基いてマイケル・アンダーソンが一九五五年に監督した航空戦記映画。脚本は「邪魔者は殺せ」のR・C・シェリフである。「ジャングルの決闘」のアーウィン・ヒリヤーが撮影を担当、「ワルツ・タイム」のレイトン・ルーカスが作曲し、「ジャングルの決闘」のルイス・レヴィが音楽監督に当った。出演者は「豪族の砦」のリチャード・トッド、「卑怯者」のマイケル・レッドグレーヴ以下、「老兵は死なず」のアースラ・ジーンズ、「脱走兵」のデレク・ファー、「渓谷の騎士」のベイジル・シドニー、チャールズ・カーソン、パトリック・バール、コリン・タプリーなど。

ストーリー

第二次大戦中、ドイツ軍の空襲に悩まされていたイギリスのヴィッカース兵器会社技師バーンズ・ウォリス博士(マイケル・レッドグレーヴ)は、新たにドイツ国内のダムを爆撃によって破撃し、停電と洪水によって敵戦力の根源地ルールエ業地帯の活動を一挙に停止させてしまおうと考えた。しかしそのためには三十トンの爆弾を必要とし、その重量に耐える爆撃機は目下造られていない。そこで五トン爆弾をダムに密着させ、爆発させることを考えたが、実験の後、彼は六十フィートの低空から爆弾を水面に跳躍させて、そのバウンドを利用してダムの壁を破壊するという方法を考えた。投下地点は目標から六百ヤード、高度計も爆撃照準もきかない。ほとんど不可能な事態だった。ところがこの計画に参加していた爆撃隊長ギブスン大佐(リチャード・トッド)は、ミュージカル・ショウのスポットからヒントを得、機首と腹部に二つのライトをつけ、所定の距離の地点で二つのライトがあうようにすれば、低空で爆撃照準を行うことができると考えついた。かくして準備ととのった特別爆撃隊は、十九機編成でギブスン大佐指揮下に目標のダムめがけて突入した。一機一発、非常に困難な、危機な攻撃である。そして、冷静さと大胆さを必要とする仕事だった。しかし、ギブスン大佐の優れた腕前は、ダムの壁を完全に破壊した。ドイツの軍需エ業の機能を停止させたほど、その戦果は大きかったけれど、犠牲もまた小さくはなかった。...

キャスト

作品データ

原題 The Dam Busters
製作年 1955年
製作国 イギリス
配給 BCFC=コロムビア
上映時間 124分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第28回 アカデミー賞(1956年)

ノミネート
特殊効果賞  

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

あの日あのとき[DVD] ヴァージン・クイーン[DVD] 舞台恐怖症 特別版[DVD] 暁の出撃〈HDリマスター版〉[DVD]
あの日あのとき[DVD] ヴァージン・クイーン[DVD] 舞台恐怖症 特別版[DVD] 暁の出撃〈HDリマスター版〉[DVD]
発売日:2005年4月8日 最安価格: ¥4,298 発売日:2007年3月2日 最安価格: ¥2,467 発売日:2004年10月15日 最安価格: ¥2,452 発売日:2015年4月28日 最安価格: ¥1,238
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi