BM15必死の潜行
ホーム > 作品情報 > 映画「BM15必死の潜行」
メニュー

BM15必死の潜行

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

実話にもとづいてフランク・ローンダーとピーター・バーンズが脚色、TVのロバート・トロンソンが監督したスパイ・ドラマ。撮影はアーサー・レービスが担当した。出演は「007/危機一発」のバーナード・リー、「怪獣ゴルゴ」のウィリアム・シルベスター、「フロイド」のデイヴィッド・コソフ、ほかにマーガレット・タイザック、ナンシー・ネヴィンソンなど。製作は「絶壁の彼方に」のレスリー・ギリアット。

ストーリー

ホウトン(バーナード・リー)はワルシャワのポーランド駐在英国大使館を大失態を演じて馘になり、帰国してポーランドの英国海軍水中兵器本部に勤務することになった。そこはミサイルなどを含む重要研究機関でソ連側スパイの注目している場所だった。ある日未知の男から呼び出しがあり、多額の礼金をうけソ連側に情報を売ることにした。スパイ団の有力な幹部ロンズデール(ウィリアム・シルベスター)にも紹介された。ホウトンは彼の助言もあって、同じ事務所で働いているオールドミス、ギー(マーガレット・タイザック)を仲間に入れた。彼女も金と男の愛情に眩惑されたのだ。二人はロンズデールの指示に従って極秘書類を盗みだし復写した。英国の軍事機密がソ連側に漏れた様子に対スパイ特務機関のM15がロンドン警視庁の協力を得て調査を開始した。一方、私生活の乱脈を怪しんだ警察はM15に連絡、盗聴用隠しマイクをとりつけてホウトンらの秘密は暴かれたのであった。かくして強力なスパイ網の一つは壊滅された。...

作品データ

原題 Ring of Spies
製作年 1964年
製作国 イギリス
配給 アライド・アーチスツ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi