491
ホーム > 作品情報 > 映画「491」
メニュー

491

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ラルス・イエリングの同名小説をカテリーナ・ファラゴが脚色、ヴィルゴット・シェーマンが演出した反抗少年の心理ドラマ。出演はラルス・リンド、フランク・スンドストレーム、レイフ・ニマルク、レナ・ニーマン、スティーユ・テルンブロム、スヴェン・アルゴットソンほか、すべて新人。

ストーリー

一九五〇年代。ニッセ(レイフ・ニマルク)が連れて行かれた所は感化院でなく保護所だった。同類の少年たちと、彼はそこの先生の助手クリステル(ラルス・リンド)と暮らすことになった。ある日、ニッセはジンギスを誘ってクリステルの部屋に忍び込んだ。隣室から先生とクリステルの話声が聞えた。非行少年たちをあくまで信じようというようなことを語りあっていた。反抗的なジンギスらはわざと騒ぎたてた。ある日、牧師がテープレコーダーを持ってやって来た。犯罪者の懺悔と讃美歌と説教が入っていた。主は四九〇度の罪を許す、と。そのレコーダーをニッセが盗み、大騒ぎになったが、クリステルに見つかった。でも怒りはしなかった。ニッセが監督官(フランク・スンドストレーム)の所へレコーダーのことで行った時、監督官に男色を強いられた。それからというもの、ニッセは女に関心を持つことが出来なくなった。ニッセはその頃から、お人好しのクリステルを憎みはじめ、彼の蔵書を次々と売り払った。その金で、仲間のエゴン(スティーユ・テルンブロム)が酒の密売をやろうと言いだし、ドイツの船にあたってみた。エゴンはステーバ(レナ・ニーマン)という、船の中で助けた女を連れて帰って来た。ステーバは、ニッセを慕いはじめた。だが、ニッセは女性をさけ、クリステルを追っていた。そして、彼にいやがらせをした。クリステルはニッセの売ったものを買い戻したいが、金が足りない。ニッセがステーバに売春をさせ、金を作って来た。そのことで、クリステルは生徒達に責められた。彼の知らぬことではある。エゴンはニッセと決闘騒ぎまでおこし、ノイローゼ気味のジンギスは自殺してしまった。彼等の無軌道な生活が、ニッセを責めることもない、異常な形に育ってしまっていた。...

作品データ

原題 491
製作年 1964年
製作国 スウェーデン
配給 松竹映配
上映時間 110分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi