サンドカン総攻撃
ホーム > 作品情報 > 映画「サンドカン総攻撃」
メニュー

サンドカン総攻撃

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

エミリオ・サルガリの原作を「堕落」のフルヴィオ・ジッカとウンベルト・レンツィが共同で脚色、ウンベルト・レンツィが演出したアクションドラマ。撮影は「妖姫クレオパトラ」のアンジェロ・ロッティとジョヴァンニ・スカルペリーニが、音楽は「太陽はひとりぼっち」のジョヴァンニ・フスコが担当した。出演は、「海賊の王者」のスティーヴ・リーヴス、「怒れ!バイキング」のジュヌヴィエーヴ・グラ、「ビザンチン大襲撃」のアンドレア・ボジック、ほかにリック・バッタリア、レオ・アンコリス、アントニオ・モリノ・ロホなど。製作は「シーザーの黄金」のジョゼフ・フライド。テクニカラー・テクニスコープ。

ストーリー

ビクトリア女王時代。英国占領下のボルネオ北西部の回教国民はギロンク卿(レオ・アンコリス)に隷属を強いられていた。国王は幽閉され、王妃ら一族は殺されていたが王子サンドカン(スティーヴ・リーヴス)は逮捕を免がれ、友人のポルトガル人やヤネス(アンドレア・ボジック)や部下とともに孤島に避難した。国民の間にサンドカンに対する期待の強いのを知った卿は、彼をおびき出すために、国王を殺すとふれさせ、サンドカンはその計略にのって部下数名とともに本土に渡った。だが要塞は厳重な警戒で、潜入は不可能だった。そのとき、要塞への使者が通りかかった。ヤネスが使者になりすまし、卿にサンドカンは死んだと報告、相手が非常態勢を解いたので、サンドカンらは一挙に侵入、卿をとり逃したが、姫のメアリー(ジュヌヴィエーヴ・グラ)を人質にした。島に帰る途中、待ち伏せていた卿の一隊と激戦を交え、ヤネスは傷ついた。やむなく内陸を横切るという、大湿地帯、猛獣地帯を通る、苦難の道を逃れた。途中、首狩り族に捕えられ、いけにえに供される寸前に王と盟友だったルブアン族に助けられ、やっと島に辿り着いた。またも敵兵の待ち伏せにあい包囲された。サンドカンは無益の抵抗を止め、部下の自由を条件に降服した。だが卿は前言を翻し、一同を縛り首にすることにした。サンドカンとヤネスは猿の力をかりて脱獄、部下らと暴れまくった。そしてダイアク族の来援で、ついに勝利をかちえた。...

作品データ

原題 Sandokan the Great
製作年 1964年
製作国 イタリア
配給 MGM

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi