チャンスに体を賭けろ
ホーム > 作品情報 > 映画「チャンスに体を賭けろ」
メニュー

チャンスに体を賭けろ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ビルギッタ・ステンベルイのシナリオをグンナール・ヘルストレムが演出した風俗ドラマ。撮影はマルティン・ボディン、音楽はトルビョルン・ルンドクイストが担当した。出演はリレービ・ベルイマン、エスタ・エクマン、「第七の封印」のベティル・アンデルベルイ、オーケ・フリーデルなど。

ストーリー

マリ(リレービ・ベルイマン)は十六歳。鑑別所生活を終えて、新しい職場で働くようになったが、人の冷たい眼や嘲笑に耐えられず、逃げだしてしまった。ストックホルムの昔の仲間のところに帰るしか考えられなかった。恋人だったモニが待っているはずだ。ストックホルムまでの道は、一本の煙草、一杯のコーヒー、寝場所を提供してくれたお返しに、彼女自身を与えるしかなかった。やっとモニの所についた彼女を待っていたのは、別の娘の冷たい仕うちだった。彼女は昔の知り合いのナタン(ベティル・アンデルベルイ)を思い出した。彼は麻薬患者で性的倒錯者、彼女の体の代償を求めずに親切にしてくれるただ一人の男だった。彼女の安息所となった。だが、その幸福も長くは続かなかった。彼の行動を嗅ぎつけた警官の手入れをうけたのだ。マリは夢中で逃げた。そして、ステファン(エスタ・エクマン)に助けられた。良家に育った大学生である。優しくいたわってくれる彼と結ばれたことは、彼女にとって夢のようだった。幸福を失うことはできない。彼女は女らしさを取り戻しはじめた。そんなある日、窓外を車で通るモニ達を見、声をかけてしまった。彼らは意味もなくマリに残忍なリンチを加えた。仲間と信じていた彼女は悲しみに酒をあおった。傷つき、酔ったその夜のマリを、ステファンは理解出来なかった。マリは愛する恋人をあとに何度目かの放浪に出た。足は自然とナタンの家に向った。だが、待っていた刑事に、彼女は麻薬の運搬人として逮捕された。再び鑑別所に帰った彼女を、昔の仲間が迎えた。...

作品データ

原題 Chans
製作年 1963年
製作国 スウェーデン
配給 東和

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi