情欲の魔境
ホーム > 作品情報 > 映画「情欲の魔境」
メニュー

情欲の魔境

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アフリカを舞台にした恋愛メロドラマ。ジョイ・パッカーの原作小説をガイ・エルムズがシナリオ化し、監督に当ったのはケン・アナキン。撮影をハリー・ワックスマンが担当している。音楽を受けもったのはジョン・ホリングスワース。出演しているのは故ベリンダ・リー、マイケル・クレイグ、アンナ・ゲイラー、パトリック・マクゴーハンなど。製作はジョン・スタフォード。

ストーリー

野性動物保護官アリス(ベリンダ・リー)はアフリカに居住するアンドリューと数年間文通を続けていたが、母の死を機会にアフリカへ渡り、アンドリューと結婚しようと決心した。彼の弟ラスティ(マイケル・クレイグ)は、兄の恋愛に不安を感じていた。アリスが着く日、アンドリューは、象を生捕りに出かけるため、ラスティが代りに迎えに行った。ふとしたことから、二人はお互の意志に反して、惹かれ合う身となった。一方、アントンの娘シイアがアンドリューを尋ねてきた。彼女は密猟中をアンドリューに見つけられたのだが、今では彼に想いをよせている。彼女にとってアリスの到着は不愉快でならない。だが、アンドリューは十八歳のシイアをお下げ髪の少女としか考えていない。アリスと出会う約束の第二キャンプに向う途中、ジープが故障してアンドリューはライオンに襲われた。そのとき偶然にも野火がもえひろがり、動物たちは狂ったように駆けまわった。一方、ラスティたちはジャングルでアンドリューを探していた。そんなあわただしい中で、アリスはアンドリューと会ったが、すでにどうすることもできないほどラスティを熱愛していた。シイアのひたむきな愛情に、アンドリューの心は微妙に変化し始め、アリスはアンドリューへの愛情とラスティとの間に立って悩んだ。そんなある日、英本国からアリスが母を毒殺したという噂が流れてきた。嫉妬ぶかい異父姉が噂の張本人なのだ。が、結局アンドリューがシイアと結ばれ、バンガローで農園の世話をしているアリスの許にラスティが戻ってきて、母親殺しの嫌疑が晴れたことを伝えた。アリスは彼の胸の中に身を任せるのだった。...

作品データ

原題 Nor the Moon by Night
製作年 1957年
製作国 イギリス
配給 大和フィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi