ジキル博士の二つの顔
ホーム > 作品情報 > 映画「ジキル博士の二つの顔」
メニュー

ジキル博士の二つの顔

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ロバート・ルイス・スティーヴンソンの原作をウォルフ・マンコウィッツが脚色し「吸血鬼ドラキュラ」のテレンス・フィッシャーが監督した怪奇映画。撮影を受けもったのはジャック・アシャー。音楽担当はジョン・ホリングスワース。出演しているのは「サファイア」のポール・マッシー、ドーン・アダムス、クリストファー・リー、デイヴィッド・コソフなど。製作はマイケル・カレラス。イーストマンカラー・メガスコープ。

ストーリー

一八七四年のロンドン。ヘンリー・ジキル博士(ポール・マッシー)は人間には常に相反する二つの性格があることを学会に発表したが笑殺された。そこで彼は人間の性格をかえる薬を発明し、自から試験台に立とうと考えた。友人リタウア博士はその計画中止を忠告し、妻のキティ(ドーン・アダムス)を可愛がるよう助言した。キティは冷たい夫を離れて放蕩者ポールと通じていたのである。薬を飲んだジキル博士は青年に変った。自分の第二の性格であるその青年を博士はハイドと名ずけた。ハイドは夜の街に出てスフィンクスというキャバレーに入り、そこで妻とポールに会った。そして蛇使いの踊り子マリアを誘惑して手に入れた。翌朝ハイドはジキル博士邸に出かけ、キティを誘惑した。しかしこれは不成功に終った。ハイドとしての歓楽の生活に酔ったジキル博士は、今後ハイドとして生きようと決心した。そしてポールに案内させて夜の街を遊び廻り、彼に金を貸してキティをゆずりわたすよう要求した。が、証文を示されてもキティはハイドに従わなかった。魔窟を飲み歩ったのち、ジキル博士はついにハイドと訣別する決心をした。けれどいつしかジキル博士は薬を飲まなくてもハイドに変身するようになっていた。完全なハイドとなった彼はマリアの部屋にキティとポールを招待し、二人を殺した。そのうえマリアを殺し、自分の研究室に火をかけた彼は、すべてをハイドのせいにして何くわぬ顔で検死法廷に出頭した。検死は、無事にすんでジキル博士は事件に関係ないことがはっきり証明され法廷から出た。その時苦痛にゆがんだ博士の顔が突然ハイドに変った。博士は殺人罪で警官に逮捕された。...

作品データ

原題 The Two Faces of Dr. Jekyll
製作年 1960年
製作国 イギリス
配給 日本RKO

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi