ブラック・タイツのレビュー・感想・評価

ブラック・タイツ

劇場公開日 1961年6月24日
1件を表示 映画レビューを書く

放埒 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ジジ・ジャンメールはイイ。
ほんとにイイ。

本作は、バレエ作品のオムニバス(振付はローラン・プティ)。
フランス初の70ミリ映画だそうで。
舞台そのままではなくスタジオ撮りされていて、細かな所まで行き届いた撮影だと思う(監督は『暗くなるまで待って』のテレンス・ヤング)。

『赤い靴』のモイラ・シアラー、『バンド・ワゴン』のシド・チャリシーといった当時のスター競演であるが、群を抜いてジャンメールがイイ。

生命力にあふれているところがイイ。
殺しても死ななそうなところがイイ。

プティの放埒な繊細さをそのまま体現できるのは彼の妻であるジャンメールなんだろうなあと思う。

小二郎
小二郎さん / 2014年6月13日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi