遥かなる戦線
ホーム > 作品情報 > 映画「遥かなる戦線」
メニュー

遥かなる戦線

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

スヴェン・リンドムの脚本より、「私は子どもが欲しい!」のアリス・オフレデリックスが監督した一九五〇年作品。撮影はアイナ・オルセン、音楽はスヴェン・ギルドマルクの担当。「姿なき軍隊」のパウル・ライヒャルト、イルゼリール・ラルセン、リリー・ブロベルグ、リスベード・モーヴィンなどが出演する。なお、この映画は、一九五一年ヴィシー映画祭で最良男優演技賞、最良女優演技賞・最良脚本賞・平和賞・最良外国映画賞をえた。

ストーリー

第二次大戦後の荒廃したヴィンで、赤十字に働く青年医師ヨルデン(パウル・ライヒャルト)は孤児救済に挺身していた。ある日大勢の孤児のなかで空腹と栄養失調のため気絶した少女レニー(イルゼリール・ラルセン)を看護し、彼女の身の上に同情して、ヨルデンが休暇でデンマークの伯父の許を訪れたとき彼女を連れて行った。平和な伯父一家の生活にレニーは夢のような幸福感を味った。伯父の娘エディットはヨルデンと許婚の間柄であったが、赤十字からの突然の出動命令が二人を割いた。エディットは赤十字を辞めて結婚しようというが、ヨルデンは発っていってしまった。彼に去られたエディットは、満されぬ心からレニーにまで冷く当った。レニーは悲しみのあまり家を飛出したが、非をさとったエディットに救われた。しかしレニーは結局ヴィンに去った。ヨルデンは、ポーランドで働いていたが、赤十字のユニフォームに身を固めたエディットと解逅したのは、それから間もなくのことであった。二人は、同じ希望と生き甲斐に固く抱き合った。...

作品データ

原題 Det Gaelder os Alle
製作年 1950年
製作国 デンマーク
配給 新外映

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi