君を呼ぶタンゴ
ホーム > 作品情報 > 映画「君を呼ぶタンゴ」
メニュー

君を呼ぶタンゴ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

タンゴ歌手としてわが国にも有名なカルロス・ガルデルの伝記映画(一九四二年作)でラスタ・レソン・イ・ラナータの脚本によりアルベルト・デ・サバリアが監督した。音楽はマリオ・マウラノ。ガルデルには人気歌手ウーゴ・デル・カリルが扮し、ほかデリア・ガルセス、ミグエル・ゴメス・バオ、フワニータ・スーホ、エルサ・オコノールなどが出演する。

ストーリー

一九〇六年、ブエノス・アイレスの裏街で十二歳になるカルロスは遊び友達のテレサと仲良く暮していた。カルロスの美声はそのころから近隣で評判だった。成人したカルロス(ウーゴ・デル・カリル)は地主アロスの愛人ドリーナの宴会で欠席した人気歌手レンゴ・バサンの代りに歌うチャンスを得たが、彼が歌いはじめようとしたとき、バサンが現れ、折角のチャンスも消えた。失望したカルロスの純真さに惹かれたドリーナは彼を大興行師に紹介した。テストの結果は成功で彼は歌手としての輝かしい第一歩を踏出した。カルロスとドリーナは次第に近づき、テレサは独り失意に悶えたが、カルロスの真意は彼女にあった。テレサが友人ペドロの求婚を承諾したときいて、カルロスは傷心をまぎらわそうとヨーロッパ巡演に旅立ち、テレサが港にかけつけた時は立ったあとだった。カルロスは各地で好評を博し、ハリウッドでは映画に出演した。一方テレサは身体をこわしてひそかにカルロスを思いながら病床に伏していたが、もう余命のないことを知って最後のねがいを電報に托してカルロスに二人の歌を歌ってくれとたのんだ。丁度放送するとき電報をうけたカルロスは彼女のかわらぬ心を知り、心をこめて二人の歌を放送した。そして彼女の危篤にかけつけようとして飛行機事故のため死んでしまったが、丁度その頃テレサも永眠した。二人は天国で結ばれるだろう。...

作品データ

原題 La Vida de Carlos Gardel
製作年 1942年
製作国 アルゼンチン
配給 スター・フィルム=欧米映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi