アダモのひなげしの島
ホーム > 作品情報 > 映画「アダモのひなげしの島」
メニュー

アダモのひなげしの島

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フレンチ・ポップス界のスター、サルヴァトーレ・アダモが製作・監督したファンタスティック・コメディ。脚本はアダモとジャン・M・ポワレ、撮影はクロード・ボーソレイユ、音楽はアダモが各々担当。出演はアダモ、アンヌ・ダール、ピエール・ヴァネックなど。

ストーリー

ヒッチハイク中の青年エマヌエル(S・アダモ)は美しいモデル、アンヌ(A・ダール)と偶然友だちになった。エマヌエルは、青カニのような青い瞳のアンヌをすっかり好きになってしまった。彼はアンヌの家を捜し当て、夢のようなひとときを過ごした。だがそれも長くは続かず、アンヌの夫ピエール(P・バネック)が帰ってくるという電話があり、また一人ぼっちになってしまった。アンヌに逢うための下手な芝居が縁で、エマヌエルはピエールの助手になった。ある日、アンヌとピエールが激しく口論、アンヌは家を出てしまう。エマヌエルはピエールに頼まれて彼女を呼戻しにいくが、二人はそのまま旅に出てしまう。僅か数日だが幸せな日々が過ぎると、二人はエマヌエルの下宿に帰った。アンヌの助言もあって、エマヌエルは絵の個展を開くことになった。個展は盛況だったが虚しいものだった。なぜならお客の動員にいたるまで、すべてアンヌのお膳立てだったからだ。エマヌエルが売れたと思った絵も画商の倉庫に山積みされているだけで、お金はアンヌが工面していたのだ。今やアンヌも仲間から相手にされず彼女の財布は空だった。二人は寒さのましてきたハイウェイで、ひなげしの島への旅を続けるために車を止めようとした。止まったのはピエールの車で、アンヌは乗り込んだ。エマヌエルはそこに一人とり残されてしまった。...

作品データ

原題 Lile au Coqueicot
製作年 1974年
製作国 フランス
配給 東宝東和

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi