激突!ドラゴン 稲妻の対決
ホーム > 作品情報 > 映画「激突!ドラゴン 稲妻の対決」
メニュー

激突!ドラゴン 稲妻の対決

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

父を殺された三人兄弟が犯人である組織を壊滅させるために敢然と立ち上がる。製作はボビー・A・シュアーツ、監督はロ・ジオ、脚本はロ・ジオとウォング・イー・ウォーが担当。出演はトニー・フェラー、ジミー・リー、ディック・チャンなど。

ストーリー

荒れ果てたガレキの山と化した香港のある街で警官のラムが殺された。彼が黒龍団というシンジケートを探っていたことを知った三兄弟、長男トニー(T・フェラー)、ジミー(J・リー)、リッキー(D・チャン)は激しい怒りにかられ復讐を誓い、黒龍団にそれぞれくい入った。パン署長は警官の中にシンジケートと内通している者がいるらしいと話し、身勝手な行動は慎むようにと忠告した。一方、シンジケートはこの三兄弟の動きをカメラで監視するとともに、抹殺することを決めた。はじめトニーが狙われた。彼は黒龍団の刺客に狙われ多勢に無勢で刻々と追いつめられていった。トニーを心配したジミーとリッキーが間一髪、この乱闘に加わり、撃退。胸騒ぎを覚えた三人は自宅に戻ると、案の定、母が誘拐されていた。母を捜して、三人兄弟はそれぞれ黒龍団事務所を襲う。三兄弟の鬼神も哭かんとする大活躍に黒龍団の手下たちは次々に倒れ首領は追いつめられた。母を人質にした首領は何と父ラムの友人ロー・チェンであった。パン署長とシャオ・メイが引き連れた警官隊が黒龍団を追いつめたときには、トニーとジミーの必殺拳が、ロー・チェンを倒していた。...

作品データ

原題 The Black Dragon
製作年 1973年
製作国 香港
配給 NCC

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi