マロニエの別れ道
ホーム > 作品情報 > 映画「マロニエの別れ道」
メニュー

マロニエの別れ道

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ロンドンの裏町を背景に、足が悪いため恋愛をあきらめていた女がパーティーで知り合った画家と恋におちいりとりことなるが、この恋には恐しい罠が……。恋と自尊心との間に揺れ動く女心のラブ・ロマンスをサスペンス・タッチの中に描いた作品。原作は「マーニー」を書いたウィンストン・グレアムの小説で、監督は新人エリック・ティル、脚色はジョージ・ブルーストン、撮影は「荒鷲の要塞」のアーサー・イベットソン、音楽はスタンリー・マイヤーズが各々担当。サマンサ・エッガーの衣装は「グラン・プリ」のチーム、ミア・フォンサグリーブスとビッキー・ティールがデザイン。出演は「欲望」のデイヴィッド・ヘミングス、「コレクター」のサマンサ・エッガー、エムリン・ウィリアムズ、「湖愁」のフィリス・カルヴァート、「吸血鬼」のファーディ・メイン、「大逆転」のダッドリー・サットンなど。

ストーリー

デボラ・デイントン(S・エッガー)は小児マヒの後遺症で左足が悪く歩行杖の助けがいる生活であった。医者一家の家族と違い、デボラだけはもう七年半もロンドンの有名な美術品競売会社ウィッティングトンの事務所に勤めていた。足が悪いためボーイ・フレンドもあきらめていたが姉セーラ(B・ターナー)のパーティーで若い画家リー・ハートリー(D・ヘミングス)と知り合い、次の日曜日リーの執ような誘いを断り切れず一緒に映画を見に行く。その帰り「ロンドンの裏口を見せたい」というリーについて彼のアトリエに行ったデボラは二回三回と会ううち心がほぐれリーの求めに応じてモデルになるようにもなった。リーのパトロン、ジャック・フォイル(E・ウィリアムズ)に初めて会った競売場で、リーには別居中の妻があることが分って、付き合うことをやめようと思うが、リーの言い分けや、フォイルの執り成しで二人は仲直りした。その後デボラはアトリエに越して行き、楽しい日々が続いた。二人の生活のためロンドン郊外に美術品店を持とうと計画を立てるが、その資金のことでリーがとんでもないことを言い出した。それはデボラの勤め先ウィッティングトンの金庫破りの計画であった。初めは相手にしなかったデボラも、リーへの女心によってついに手引きまでも承知してしまう。強盗は成功した。二人の夢も間もなく実現されようとしていた。そんなある日、リーの話では居ないはずの実母がアトリエを訪ねて来たことで、デボラの心にリーへの不信感が芽生えてきた。さらに金庫破りの黒幕は実はフォイルで、デボラに近付いたのもすべて計算づくではないかと思われて来た。リーと対決したデボラに向ってリーは自分の非を認めるが、君への愛だけは信じてほしいと訴えた。デボラもリーを愛していたがその愛に甘えて生きる気にはなれなかった。彼女は警視庁にウィッティングトン事件につき手紙を送ると再び歩行杖の生活に戻っていった。...

作品データ

原題 The Walking Stick
製作年 1970年
製作国 イギリス
配給 MGM

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

欲望[DVD] 欲望[DVD] キャメロット 特別版[DVD]
欲望[DVD] 欲望[DVD] キャメロット 特別版[DVD]
発売日:2004年4月23日 最安価格: ¥2,581 発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥818 発売日:2000年4月21日 最安価格: ¥1,728
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi