知られざるアフリカ
ホーム > 作品情報 > 映画「知られざるアフリカ」
メニュー

知られざるアフリカ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

未だアフリカには謎多き習慣や儀式は多い。が、植民地主義を脱しつつある近年、それらは消滅しつつあるのも確かな事実である。このアフリカの現状を無感動にドキュメントしたアングラ風長編記録作品。製作はオレステ・ペリーニ、監督・編集はグイド・ゲラシオ、撮影はアルフレッド・カスティグリオーニ、カメラマンはアンジェロ・カスティグリオーニ、音楽はアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノが各々担当。

ストーリー

◇ソンバ族のペニス・カバー--アタコラ山脈の麓に住むソンバ族は、アフリカ語で「裸で歩く人間」と意味する様に常に全裸。弓矢を持つ原始狩人である。狩猟中に大切な性器を傷つけぬ様、ペニスの先に長く、とがったかぼちゃの茎で作られたカバーをつける。種族の男として、一人前になったしるしでもある。◇バリバ族の割礼--四年に一度、この儀式が行なわれ、儀式の前に青年の齢に達した若者は二日間踊り続けて疲れた末の放心状態の時、まじない師に割礼される。また、男ばかりでなく女にもほどこされる。◇二百人の妻を擁する王様--レイ・ブーバのアマドウ・パパ王は常時、二百人の妻を抱える大精力家。気に入らなくなった女達は、神話のシジフォスの様に、砂ぼこりの庭に水をまく。灼熱の太陽の下では全く無意味な仕事であるのに……◇キルディス族の美意識--ボインには価値がなく、しぼんでたれ下がりの乳が、美のしるしという。そして体中に入墨をいれている。◇カメルーンの気狂い病院--病人達は鎖につながれ、晴雨にかかわらず、戸外に放り出されている。悪魔にとりつかれているというまじない師の治療は、残酷で荒っぽく、病人はただ、死を待つのみ。◇歯をけずる種族--ナイジェリアの部族は巨大なノミとハンマーで前歯をけずる。理由は「唾を吐く時に便利だから」だそうだ。...

キャスト

作品データ

原題 Secret Africa
製作年 1970年
製作国 イタリア
配給 コロムビア

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi