フォーミュラ・ワン
ホーム > 作品情報 > 映画「フォーミュラ・ワン」
メニュー

フォーミュラ・ワン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

世界三大グランプリを中心に、レーサーたちの“男の世界”を描いた作品。製作はブラッドフォード・ハリス、監督は“イタリアの新しい波”に属する新人ジェームズ・リード。脚本はジャンフランコ・クレリチとグイド・マラテスタ。撮影は新人のマリオ・マンチーニ、音楽はアレッサンドロ・アレッサンドローニ、技術顧問はジャンカルロ・バゲッティがそれぞれ担当。出演は輝やかしい実績をもつレーサーであった新人ジャコモ・アゴスティーニ、やはり元レーサーのジャンカルロ・バゲッティ、「70億の強奪作戦」のブラッド・ハリス、「燃える洞窟」のオリンカ・ベローワ、ほかにフランコ・レッセル、ハンス・フォン・ボルソディ、そして薯名レーサーのグラハム・ヒルが実名で出演している。イーストマンカラー、クロモスコープ。

ストーリー

モナコ・グランプリ、カナダ・グランプリと、たてつづけに常勝グラハム・ヒルに敗れたペリシエ(G・バゲッティ)を主将とする“クリッパー”チームのマネージャー、ドノバン(F・レッセル)は、イギリスの若さレーサー、ジャコモ・バリ(G・アゴスティーニ)を戦力増強のため引き抜いた。これを心良く思わないのは、同チームのスターク(B・ハリス)であった。そうした折、パリでの最初のレースで、バリの無暴な運転のため、ベリシエが負傷してしまった。しかし、これをなじるスタークをしりめに、バリはグラハム・ヒルの勇姿を夢見るのだった。次のレースはアメリカ・グランプリだった。これにすべてをかけたペリシエは、不運にもレース場を血にそめて息たえた。この事件はバリを心痛の底に追いやったが、それをやさしい愛撫でなぐさめてくれたのは、スタークの恋人のグラディス(O・ベローワ)であった。しかし不運はかさなり、バリはある事件のためチームを追放になってしまった。頼る人がいなくたったバリの前に、その時、ひとりの救世主が現われた。それは、カー・エージェントのシェンカー(H・V・ボルソディ)であった。彼から提供されたニュー・レーシング・カーに乗って、バリはイタリア・グランプリに出場した。赤のボディNo.4のバリ、青のボディNo.20のスターク。宿命のフラッグは、母、恋人、友人そしてペルシェの幻が浮かぶ彼等の目前で、切っておとされた。すさまじいデッドヒート、激しい接触。先頭をきって栄光のゴールを走りぬけたのは、赤いボディのNo.4だった。...

作品データ

原題 Formula 1
製作年 1970年
製作国 イタリア
配給 松竹映配

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi