少年と海
ホーム > 作品情報 > 映画「少年と海」
メニュー

少年と海

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

静かな海辺に父と2人で住む少年の日常を大自然の中に描く。77年度モスクワ国際映画祭児童映画部門グランプリ受賞作品。製作はマット・キャロル、監督はアンリ・サフラン、脚本はソニア・ボーグ、原作はコリン・シール(二見書房刊)、撮影はジェフ・バートン、音楽はマイケル・カーロスが各々担当。出演はグレッグ・ロウ、パーシバル、ピーター・カミンズ、デイヴィッド・ガルピリル、ジュディ・ディックなど。

ストーリー

オーストラリアの静かな海辺に立つそまつな小屋。そこがマイク少年(グレッグ・ロウ)の家である。父の名はトム(ピーター・カミンズ)。世間のわずらわしさからのがれ、父と子の2人で漁師の生活を続けていた。ある日、トムはアボリジネと呼ばれるオーストラリアの原住民フィンガーボーン(デイヴィッド・ガルピリル)と出会う。初めはこわかった彼も、実は優しく思いやりがあった。マイクは彼に弟のように可愛いがられ、2人は仲良くなっていった。だが、彼らの静かな生活を破る者もいる。ハンター達だ。彼らによりおびやかされる自然、そして鳥達。ある日、マイクは、彼らの犠牲になったペリカンの子供3羽をみつけた。そして我家に連れて帰り、手あてするマイク。そんな彼を父は黙認した。実はマイクの母と父は別れ、マイクには母は死んだことになっているのだ。やがて、3羽は大きなペリカンに成長し、マイクは3羽を手放した。が、そのうちの1羽、パーシバルだけが帰ってくる。その日からマイクとパーシバルの楽しい生活が始まる。そんなある日、学校の先生ウォーカー(ジュディ・ディック)が、無学のまま子供を育てるのはいけない、マイクを就学させるべきだ、とやってくる。また、ある夜、暴走族がマイクの小屋を襲った。だがマイクは無事だった。そして、その夜、トムはフィンガーにマイクの母の事を話し、それを聞いていたトムは翌朝、町へ出た。母をさがすためだ。しかし、マイクの姿をあのウォーカー先生が見つけてトムに知らせる。マイクの心情がトムには痛いほどよくわかった。再び、海の生活に戻る父と子。やがて、思いがけない事件が起こった。激しい風の日に難破したハンターのボートを助けたこともあるパーシバルが、ハンターに撃たれたのだ。フィンガーボーンは深い悲しみにくれるマイクをやさしく力づけた--。そして、そんなマイクが勉学に町へ行く日がやってきた。あの素晴らしいパーシバルとの日々、海をみつめ父と2人だけで暮した日々、それらが、今、マイクの心にめまぐるしく、そしてなつかしく去来するのだった。...

作品データ

原題 Storm Boy
製作年 1977年
製作国 オーストラリア
配給 東宝東和

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

  • ガイ・リッチー監督が「宝島」を映画化(2012年6月4日) 米ワーナー・ブラザースが企画している、ロバート・ルイス・スティーブンソンの冒険小説「宝島」の映画化プロジェクトで、ガイ・リッチー監督がメガホンをとることになったと米Deadl... 続きを読む
関連ニュース

他のユーザーは「少年と海」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi