ドッキリボーイ2 ブギウギ大騒動
ホーム > 作品情報 > 映画「ドッキリボーイ2 ブギウギ大騒動」
メニュー

ドッキリボーイ2 ブギウギ大騒動

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ドッキリ迷コンビのロック・グループでのドタバタを描くシリーズ第二弾。製作はグレッグ・スミス、監督はノーマン・コーエン、脚本はクリストファー・ウッド、撮影はアラン・ヒューム、音楽はサム・スクレアーが各々担当。出演はロビン・アスクウィズ、アンソニー・ブース、シーラ・ホワイトなど。

ストーリー

すでにおなじみのティモシー(ロビン・アスクウィズ)は、いつもアヘアヘを美女とやっているドッキリ・ボーイ。彼の兄シドニー(アンソニー・ブース)も同様だ。兄の妻ロージー(シーラ・ホワイト)は酒場で働いていた。ある日、この酒場に訪れた兄弟は、ロック・グループのリハーサルを見て、このマネージャーをやろうと名乗り上げた。グループ名もキッパーと改め、マネージャー業で一もうけである。ドタバタの中、やっと興行をうつ日がやって来た。だが、婆さん連中の親衛隊でサッパリ、ドラマーがドジをして、ティモシーがやけくその代役にたつ。ところが、これが大受けで、レコードは発表となるは、批評家からはべタホメと、いい事づくめのトントン調子。ナニの直後に奇妙なスタイルでステージに上がっては、これがまたバカ受け。そうして、ついにロンドン劇場で興行をうつ、グループ・キッパーは今や大スターだった。でも兄弟の姿はない。前の舞台で大変なドジをやらかしたからだ。でも、あ、イタ、イタ。劇場前でチンドン屋姿で、「ダンナ、お恵みを」。ナンテコッチャ。...

スタッフ

監督
脚本
クリストファー・ウッド
原案
ティモシー・リー
製作総指揮
マイケル・クリンガー
製作
グレッグ・スミス
撮影
アラン・ヒューム
音楽
サム・スクレア
字幕監修
野中重雄

作品データ

原題 Timothy Lea's Confessions of A Pop Performer
製作年 1975年
製作国 イギリス
配給 コロムビア
上映時間 91分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi