マイウェイ・マイラブ
ホーム > 作品情報 > 映画「マイウェイ・マイラブ」
メニュー

マイウェイ・マイラブ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

混乱の時代--青春の真っただ中にいる少年の自由な生き方を描く。製作はデイヴィッド・パトナムとサンフォード・リーバーソン、監督はクロード・ワッタム、脚本はレイ・コノリー、撮影はピーター・シャシスキー、音楽監修はニール・アスピネルとキース・ムーンが各々担当。出演はデイヴィッド・エセックス、リンゴ・スター、ローズマリー・リーチなど。

ストーリー

英国。ジム(デイヴィッド・エセックス)は、大学入学試験のため勉強に励んでいる十八歳の高校生。だが真面目な親友のテリー(ロバート・リンゼイ)と違い、彼はこのままの安定した人生に不安を感じていた。ジムの家は、母のマクレーン夫人(ローズマリー・リーチ)が経営する食料品店であり、父は戦争から帰って間もなく家を出て行ってしまったのだ。ある日、ジムは鞄一つで家を出た。ヒッチハイクで、やがて海辺でアルバイトをして生活を始める。新しくマイク(リンゴ・スター)という友達も出来、二人はバンガローに住み、女の子と知り合い、遊園地の客の金をごまかしてしのいでいた。そして数日後、テリーがやって来て、ジムを大学のパーティに連れていく。そこの雰囲気に取り残された感じを受けるジムは、やがて母のもとに戻っていった。そして仕事をし、テリーの妹ジャネット(R・アイアーズ)と結婚する。しかし、まともな生活に窒息しそうなジムは、ポップ・コンサートに通い始め、やがて、彼の父がそうであったように、生まれて来た彼の子も妻も捨て、再び自由のある世界へと旅立ってゆくのだった。...

キャスト

作品データ

原題 That'll be the Day
製作年 1974年
製作国 イギリス
配給 東北新社

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi