シンデレラ(1976)
ホーム > 作品情報 > 映画「シンデレラ(1976)」
メニュー

シンデレラ(1976)

劇場公開日

解説

12時の鐘が鳴る前に帰らなくては……。名作童話のミュージカル化作品。製作はスチュアート・ライオンズ、監督は「シャイヨの伯爵夫人」のブライアン・フォーブス、脚本はB・フォーブス、ロバート・B・シャーマン、リチャード・M・シャーマンの共同、原作はシャルル・ペロー、撮影はトニー・イミ、音楽はR・B・シャーマンとR・M・シャーマン、振付はマーク・ブローが各々担当。出演はジェマ・クレーブン、リチャード・チェンバレン、ケネス・モアなど。本国公開原題はThe Slipper and the Rose。

ストーリー

物語はヨーロッパ・アルプスの大自然に囲まれた小国ユーフラニアに始まる。雪のなか城につづく道で二つの黒い列がすれちがった。隣国カロルスフェルド国から帰るエドワード王子(リチャード・チェンバレン)一行と、柩をのせた馬車と四人の女であった。城に帰った王子は、隣国の王女との婚約はしない、と両親に伝える。春が訪れた。あの葬式の列の四人の中の一人、シンデレラ(ジェマ・クレーブン)は、今、死んだ父の墓に来ていた。父が死んで以来、継母に下女として働かされ、意地悪な姉たちにいじめられている毎日の彼女。泣きたい時にはいつもここへ来ていた。一方、城では王や大臣が、王子の結婚相手を見つけるため、ヨーロッパ中の未婚の王女を招いて、大舞踏会を開く準備を進めている。忙がしい毎日で、疲れきって居眠りのシンデレラは、突然吹いてきた風に眼覚めた。立っていたのは見知らぬ婦人。可愛い小犬を、「用がある時は、この犬にいいつけなさい」と置いていくと消えてしまったその婦人は、優しい魔法使いだった。そしてある日、舞踏会への招待状が、シンデレラの継母と姉達にも届き、シンデレラは三人の夜会服を縫わされる。当夜、一人留守番の彼女。風が吹いて、魔法使いが現われ、魔法で彼女を美しい王女に変え、会にいけるようにした。ただし12時までに帰るようにと。舞踏会に行った彼女に王子は一目ぼれ、でも12時の鐘がなる。ガラスの靴を残して走り去る彼女。初めて恋したシンデレラをさがす王子。3ヶ月の月日が流れた。やっとめぐり逢えた二人だったが、王は反対し隣国の王女との結婚をおしつける。しかし、魔法使いの協力の元にむすばれる二人であった。...

作品データ

原題 The Love Story of Cinderella
製作年 1976年
製作国 イギリス

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第50回 アカデミー賞(1978年)

ノミネート
歌曲・編曲賞 ロバート・B・シャーマン リチャード・M・シャーマン アンジェラ・モーレイ
主題歌賞 “The Slipper And The Rose Waltz (He Danced With Me/She Danced With Me)”

第34回 ゴールデングローブ賞(1977年)

ノミネート
最優秀作曲賞 リチャード・M・シャーマン
最優秀外国語映画賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • キラキラが綺麗〜 キラキラがいちいち綺麗なのはBDだからなのかな? シンデレラが城の家来達に追いかけられるけど あの時の馬と人間があんな風に見えるくらい怖いってそこが良かった。 ...続きを読む

    2014年10月15日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「シンデレラ(1976)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi