カランバ
ホーム > 作品情報 > 映画「カランバ」
メニュー

カランバ

劇場公開日

解説

新聞やテレビなどでは決して報じられることのない、恐るべき瞬間を、世界60余国にも及ぶスケールで捉えたドキュノンタリー。製作はアレッサンドロ・フラカッシ、監督・編集はアントニオ・クリマティと「グレートハンティング84」のマリオ・モッラが担当。ナレーション訳は進藤光太。ナレーターは金内吉男が手がける。映画は世界各国のカメラマンが捉えた残酷なシーンを次々に映し出す。ヒマラヤの奥地で今も続けられている“鳥葬”の儀式。中東戦線の凄絶な現場はカメラマンが命を賭けて捉えたもの。映画撮影中にケンタッキー塔から飛び降りたスタントマンのバークナスは、用意された救命具をつき抜けて内臓破裂。リー・メジャース主演の「超高層プロフエッショナル」撮影中の事枚で、79年5月に彼は死亡した。南米のボリビアでは、石で叩いて気絶させた牛の頚動脈をナイフでかき切り、ふき出る血を飲む。男たちは前身血まみれ、あたり一面が血の海と化す。1982年10月、カルロスという男がプエルトリコ大通り地上60メートル、20階建てのビルの間を綱渡りしようとして失敗し、道路にそのまま落下し、たたきつけられた。カメラは、地上に落ちる瞬間まで捉えている。アンデスの山中、6月末の聖ペテロと聖パウロの祝日には、近郊の全住民がそれぞれに二手に分れて石を投げ合うという風習がある。同じように、インディオの収穫祭では数千の市民が、親、子供、恋人とあたり構わずムチで殴り合う。まるで集団錯乱を起こしたように、その光景は異常だ。その他、日本を含む世界のあらゆる場所でのショッキングなシーンが展開される。

ストーリー

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。...

作品データ

原題 Caramba!
製作年 1983年
製作国 イタリア
配給 東宝東和
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • ほっこりした ネタバレ! 人や動物の凄惨な死体や惨たらしい映像がたくさんあるのだが、ナレーションに安心感があってほっこりした。今や、ネットでイスラム国の本当の処刑場面などを簡単に見ることができる。そんな時代に、このような... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2016年9月22日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi