猟人日記"狼"
ホーム > 作品情報 > 映画「猟人日記"狼"」
メニュー

猟人日記"狼"

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

領主の森を百姓たちの密猟や盗伐から守るように命ぜられた“狼”と呼ばれる一人の森番の孤独な生活と悲しい結末を描く。監督はロマン・バラヤンとイワン・ミコライチュク、撮影はヴィレン・カリュータ、音楽はヴィタリー・グーブ、美術はヴィタリー・ヴォルィンスキーが各々担当。出演はミハイル・ゴルボヴィチ、オレーグ・タバコフなど。

ストーリー

猟をしていた地主のベルセネフ(オレーグ・タバコフ)は、その帰り道、突然雷雨に襲われ近くの小屋に雨やどりのために寄った。そこは、森番フォーマ(ミハイル・ゴルボヴィチ)の家で、娘のウリータが乳呑児を面倒みて留守番をしていた。そのそまつな家は、貧しい生活ぶりを反映していた。フォーマは、通称“狼”〈ビリューク〉と呼ばれ、その鋭い眼光と無口な人柄で百姓たちから恐れられていた。彼は妻に逃げられ、幼い子供二人を男手一つで面倒みていたが、孤独感はつのっていた。彼は、どんなに事情がある者でも森を犯した者には厳しかった。この日も捕われた哀れな百姓に同情するベルセネフの態度に反し、フォーマは冷たくつきはなした。ある日、森が大雨に見舞われ、森に出ていたウリータが雨にうたれ気を失っていた。急いで小屋に連れ帰り自らの衣服を身体にまきつけ温めてやるフォーマ。翌朝、元気に起きあがるウリータ。しかし、フォーマに悲劇がおとずれた。木かげで休んでいた彼に、狩猟をしていた貴族の流れ弾が当ってしまったのだ。誰もそれには気がつかない。一方には、貴族たちが森の中で食べのこしていった菓子を無邪気に食べるウリータと赤ん坊の姿があった。...

作品データ

原題 Вирiок
製作年 1977年
製作国 ソ連

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi