人魚姫(1975)
ホーム > 作品情報 > 映画「人魚姫(1975)」
メニュー

人魚姫(1975)

劇場公開日

解説

海の妖精の悲劇を描いたアンデルセン童話『人魚姫』の映画化。監督はカレル・カヒニヤ、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの原作を基にオーター・ホフマンとカヒニヤが脚色。撮影はヤロスラフ・クチェラ、音楽はズデニェク・リシュカが各々担当。出演はミロスラヴァ・シャフランコヴァ、ラドヴァン・ルカフスキー、ペートル・スヴォイトカなど。16mm。

ストーリー

人魚姫(M・シャフランコヴァー)は海底に住む海の妖精。父親と二人暮らしで、彼女の母はある場所に像となっている。人魚姫は、どうしても地上に行きたいと父親にすがりたのみ、迷っていた父親も、遂に娘の言う事に屈してしまう。地上ではプリンスのまわりに各国からの姫たちが集まって踊りや食事に興じている。ある日、海の事故にあって浜辺に流されたプリンスを人魚姫が助けた。プリンスに恋した人魚姫は、声を失うこととひきかえに上ヘ行く許しを得る。しかし、声の出ない人魚姫は何も言えず、生命の恩人が彼女であることを知らずにプリンスはプリンセスと結婚してしまうのだった。悲しみに暮れる人魚姫は自らの生命をとざすのだった。...

作品データ

原題 Mala Morska Vila
製作年 1975年
製作国 チェコスロバキア

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi