レナ・ライス
ホーム > 作品情報 > 映画「レナ・ライス」
メニュー

レナ・ライス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

家庭と仕事を両立させる一人の女性の生き方を通じて男女の真の関わりを問う人間ドラマ。製作・監督はクリスチャン・リシャルト、脚本はマンフレッド・グルネルト、撮影はジェラルド・ヴァンデンバーグ、音楽はエバルハルト・シェーナー、編集はアネッテ・ドルンが各々担当。出演はクリスタ・シュタートラー、タイロ・プリュックナー、ニコラウス・パリュラ、カイ・フィッシャー、ヴェルナー・アザムなど。

ストーリー

レナ・ライス(クリスタ・シュタートラー)は、夫アルベルト(タイロ・プリュックナー)と三人の子供たちと暮らしており、昼は郵便局で働いていた。彼女は時々自分の生活の空虚感に襲われ、友人(カイ・フィッシャー)を訪ねて気分を紛らしていた。友人にも子供がいたが、彼女はレナと違って、あまり家庭的ではなかった。生活の変化を求めるレナは、犬を飼ったり、町で見知らぬ男を相手にしたりしたが、夫との溝は深まるばかりだった。精神療法を始めた彼女は、自分が一個の人間であることを主張し、結婚生活というものをもう一度問いただした。そんな彼女を遠くからみつめている者がいた。作家のロールフス(ニコラウス・パリュラ)だ。彼は、彼女が仕事の終るのを待ち、友人の家まで彼女を送っていった。レナはある決心をした。家に帰って荷物をまとめるレナ。夫の混乱をよそに友人の家ヘ駆け込む。丁度、ロールフスも友人の家ヘやって来た。追って来たフルベルトからレナを隠まう友人とロールフス。やがて上の二人の子供たちもやってきてレナの新しい生活がはじまった。ある日、レナはこれまでにない胸の鼓動を感じながらロールフスの家を訪れるのだった。...

作品データ

原題 Lena Rais
製作年 1979年
製作国 西ドイツ
配給 ドイツ文化センター

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi