燃えつきた夢
ホーム > 作品情報 > 映画「燃えつきた夢」
メニュー

燃えつきた夢

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

故郷バイエルンから憧れのニューヨークに旅発った男の夢と失望を二つの土地と娘を対比しながら描く。監督・脚本はヴァルター・ボックマイヤーとロルフ・ビュールマン、撮影はホルスト・クネヒテル、音楽はミハエル・ローター、編集はイラ・フォン・ハスペルクが各々担当。出演はペーター・カーン、バルバラ・ヴァーレンティーン、エンツィ・フクス、カーチャ・ルーペ、アネリーゼ・ガイスラーなど。

ストーリー

バイエルンの小さな町でキオスクを経営するペーター(ペーター・カーン)に、ひょんなことから憧れのアメリカ行きのチャンスが訪れる。彼は知り合いの女(アネリーゼ・ガイスラー)に店をまかせ、ニューヨークヘと飛び立っていった。見知らぬ大都会の町は、ペーターにとって目をみはるものばかりだったが、そんな彼が、ひとりの自暴自棄になっている女を助け、家まで送っていくことになる。彼女はカローラ(バルバラ・バレンティーン)というドイツ人で、数年前にGIについてニューヨークに来たのだが今はそのGIとも別れ、場末の小屋で歌手をしているとペーターに打ち合けた。急速に親しくなった二人は在来ドイツ人たちのための十月祭に参加し楽しい時を過ごすが賞品の乳牛を連れて一晩中街をさまよううちに、とうとうカローラの不満が爆発する。彼女は食肉解体場でペーターを無視して初対面の男に身を任せてしまう。その場を黙って去ったペーターは、ある港の廃屋で故郷のキオスクが繁盛している様子を思い浮かべる。安らぎの地はやはり故郷だと悟った彼は、ニューヨークを発つが、町に戻ってみると、そこには、想像とはまるで違う、さびれた惨めな店の姿があるのだった。...

作品データ

原題 Flammende Herzen
製作年 1978年
製作国 西ドイツ
配給 ドイツ文化センター

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi