ハード・コア リチャード・カーン・フィルム・セレクション
ホーム > 作品情報 > 映画「ハード・コア リチャード・カーン・フィルム・セレクション」
メニュー

ハード・コア リチャード・カーン・フィルム・セレクション

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

80年代ニューヨーク・アンダーグラウンドの代表的映像作家として知られるリチャード・カーンの主要作6本が、「ハード・コア~リチャード・カーン・フィルム・セレクション~」と銘打って日本初公開された。ジャック・スミス、アンディ・ウォーホルの実験精神と、パンク・ムーヴメント以降のメンタリティーを引き継ぐ彼の映像は同じ背景の下に誕生したオルタナティヴ・ロックとの相性がよく、主にライヴ・ハウスでのバンドの演奏とともに上映されていた。製作はカーン自身のスーパー8(8ミリカメラ)によって小規模に行われたものだが、リディア・ランチ、ジム・フィータスらのミュージシャン、ニック・ゼットらの同志的な映像作家を初めとする積極的なコラボレーションは、当時のニューヨーク・アート・シーンの層の厚さを確実に伝えている。今回紹介されたのは、主に80年代中期の作品であるが、カーンはその後も年数本の作品を発表する一方、近年では、キング・ミサイル、アンセインなどのビデオ・クリップの監督として、また写真家としても活躍している。 <グッドバイ・42ndストリート>わずか30ドルで製作されたカーンの処女作。風俗街をうろつく手持ちカメラの映像に、後の作品にも偏在する性的・暴力的なイメージが挿入される。音楽はリディア・ランチ、クリント・ルイン、ノーマン・ウェストバーグ。出演はベス・B、R・ディッケンズ。1983年製作、カラー、スタンダード、4分。 <ストレイ・ドッグ~マンハッタン・ラヴ・スーサイドより~>連作短編『マンハッタン・ラヴ・スーサイド』中の一編として製作された作品。アーティストを追いかけるファンの執着が、ブラック・ユーモアに満ちた寓話として鮮烈にカリカチュアされている。嫉妬のあまり、ファンの男の体がぼろぼろに崩れて行くラスト・シーンは、それを超然と笑い飛ばすアーティストの表情と相俟って、とりわけ圧巻。主演の2人(ビル・ライス、デイヴィッド・ヴォイナロヴィッチ)は、ニューヨーク在住の実際のアーティストである。音楽はJ・G・サールウェル。1985年製作、カラー、スタンダード、12分。 <サブミット・トゥ・ミー> カメラに向かって挑発的なパフォーマンスを繰り広げる、リディア・ランチ、ラング・レッグ、クリント・ルイン(別名ジム・フィータス)、クルエラ・デヴィルら、カーンの朋友たち。セックス、同性愛、SM、ドラッグ、暴力、殺人など、カーンの真骨頂とも言える即物的なイメージがたたみかけるように連射される。音楽はデビューして間もないバットホール・サーファーズ。1985年製作、カラー、スタンダード、10分。 <フィンガード>ハードコア・ポルノにも勝る過激な性描写とダイアローグに加え、クールなカメラワークから編集テクニックに至るまで、カーンの力量を余すところ無く示す一編。トラッシュ・ムービー版“ボニー&クライド”とも言うべき明確なストーリー・ラインの中にカーン映画のエッセンスがちりばめられている。テレフォン・セックスに興じる娼婦(リディア・ランチ)が野蛮な男(マーティー・ネイション)と出会い、セックスと殺人を繰り返しながら、車で旅をする。ベルリン映画祭で上映されたほか、各国で上映禁止騒動を起こした問題作である。脚本はカーンとランチの共同、撮影・編集はカーン、音楽はJ・G・サールウェル。1986年製作、カラー、スタンダード、24分。 <XイズY>ニューヨークのバンド、コップ・シュート・コップによるエレクトリック・ノイズをバックに、女たちと銃器にまつわるイメージがコラージュされる。90年代に入って、カーンの方法論はますます先鋭化を極めると同時に、社会的な概念をも獲得している。1991年製作、カラー、スタンダード、4分。 <デス・ヴァレー'69>オルタナティヴ・ロックの雄、ソニック・ユースの同名曲のために作られたビデオ・クリップ。彼らのライブ・シーンに、爆撃機やビデオで撮られた殺人現場の再現、自作「サブミット・トゥ・ミー」からの流用といった死を連想させる映像が暴力的にカット・インされる。ちなみにソニック・ユースのアルバム『EVOL』のジャケットはこのビデオ・クリップからのリディア・ランチのショットの流用。監督はカーン、ジュディス・バリー、ソニック・ユースの共同、製作はバリー、エグゼクティヴ・プロデューサーはアニー・ゴールドソン、撮影はカーンとバリー、編集はデイヴィッド・O・ワイスマン、ブルース・トヴスキー、バリー、カーンがそれぞれ担当。1986年製作、カラー、スタンダード、6分。

作品データ

原題 Hard Core: Death Trip Films of Richard Kern
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi