大襲撃(1964)
ホーム > 作品情報 > 映画「大襲撃(1964)」
メニュー

大襲撃(1964)

劇場公開日

解説

チャールズ・B・スミスの脚本を「サンタフェへの道」のウィリアム・ウィットニーが監督した西部劇。撮影はアーチ・R・ダルゼル、音楽はリチャード・ラサールが担当した。出演は「クイック・ガン」のオーディ・マーフィ、TV出身のマイケル・ダンテ、リンダ・ローソンなど。製作はグラント・ワイトック。

ストーリー

1879年、スタントン大尉(オーディ・マーフィ) のひきいる騎兵隊はインディアンの暴動鎮圧に乗り出した。騎兵隊は酋長の息子レッド・ホークを捕え、保護地区へ帰れば釈放する条件で酋長に会見を求めた。そしてインディアン領域を侵す白人たちを撤去させる条件で和議が成立した。しかし2人の金鉱夫ホッジスとグリーアが法にそむいたので、インディアンとの対立は日増しに悪化した。金鉱夫たちにそそのかされて、白人が大挙してインディアン集落を襲撃し、混血の伝道師ドーンは重傷を負った。インディアンは逆襲してきた。その頃、酋長は死に、レッド・ホークが後を継ぎ、騎兵隊長としてペリー大佐が着任した。両者はスタントン大尉の段取りで和睦のため会うことになった。しかしペリー大佐は、騎兵隊を使い、レッド・ホークが部下をつれてやってきたとき、彼を捕えた。平和解決を望んでいたスタントン大尉は、ペリー大佐に失望し辞職した。そして傷癒えたドーンと一緒に新しい門出に旅立つのだった...

スタッフ

監督
脚本
チャールズ・B・スミス
製作
グラント・ワイトック
撮影
アーチ・R・ダルゼル
音楽
リチャード・ラサール

作品データ

原題 Apache Rifles
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • 人種差別の根は深い 新しくやってきた司令官(オーディ・マーフィ)は、アパッチ族をバカにしていたが、公正さは大切にしていた。 アパッチ族の土地に入り込んだ金鉱堀の白人と争いが起き、アパッチ族、白人の町民、騎兵隊の不毛... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2017年11月23日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「大襲撃(1964)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi